ホーム 恋愛 > 「距離感バグってない?」女性が実は嫌だと感じている“スキンシップ”とは?

「距離感バグってない?」女性が実は嫌だと感じている“スキンシップ”とは?

2021.12.26

スキンシップで女性との距離を縮めたくなるという男性は気をつけて!
女性が「じつは嫌だ」と感じているスキンシップがあるので、チェックしてみてください。
距離を縮めているつもりが、気づいたら嫌われていた……なんてことにならないようにしましょう。

(1)頭ポンポンしてくる

頭ポンポンは、「されるとついニヤけてしまうほど好き」という女性もいるほど。
ただし、頭ポンポンされてうれしいのは彼氏限定だと覚えておいてください。
また、あなたの彼女だったとしても、頭を触られたくないときがあります。
たとえばデート中……せっかく時間をかけてセットした髪型が崩れてしまうような時は「やめてほしい」と思っているかもしれませんよ。

(2)ふざけてお腹を触ってくる

男性からすると、女性のお腹ってぷにぷにしていて触りごこちがよいのかもしれません。
だからといって、ふざけて触ってしまうと喧嘩の発端になってしまうことも。
お腹まわりを気にしている女性も多いので、冗談半分でも触らないようにしましょう。

(3)酔っぱらったノリで……

お酒の力を借りて、ノリと勢いでスキンシップしようとする男性がいますよね。
好きでもない男性からの度を超えたスキンシップは、女性に気持ち悪がられる可能性大!
とくに普段は真面目キャラの場合、評価を自ら下げてしまうことにもなりかねません。
むりに距離を縮めようとしても、ドン引きされて余計に距離が開いていくだけですよ。

(4)いやらしく腰に触る

彼氏でもない人に腰を触られるだけでも、女性は嫌悪感を覚えます。
にもかかわらず、いやらしく触られたら鳥肌が立つレベルの恐怖を感じるでしょう。
少し親しくなったぐらいで、彼氏気取りをするのはやめましょう。
その女性に惚れていて、いつか彼氏になりたいと思っているならなおさらです。
これらのスキンシップができるのは、それだけ女性との距離が近づいたと思っているからですよね。
しかし、女性との距離感を誤ってしまうと、これまで築いた関係も一気に崩れてしまいます。
スキンシップで距離を縮めるのではなく、適度の距離感を保つことが大切なのかもしれませんね。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ