ホーム 恋愛 > 「好きだから冷たくしちゃう」シャイな女性がついしてしまう“脈アリな塩対応”

「好きだから冷たくしちゃう」シャイな女性がついしてしまう“脈アリな塩対応”

2021.12.27

「好きだからこそ男性に冷たくしてしまう」という女性がいます。
もし好きな女性から塩対応されて落ち込んでいるなら、まだ諦めるのは早いですよ。
シャイな女性がついしてしまう、脈アリな塩対応について紐解いていきましょう。

(1)嫌じゃないは好きってこと

「好き」というストレートな言葉は、シャイな女性にとって口に出すのが難しい言葉です。
そのため「嫌じゃない」という言い方をしますが、これは「好き」ということが大半のよう。
そのため、無理に「好き」という言葉を引き出そうとして女性を困らせないようにしましょう。
「嫌じゃないなら、来週も会おうよ!」と伝えれば、きっと会ってくれるはず。
面倒なことは避けたがるのがシャイな女性ですから、会ってくれるのが答えですよ。

(2)デートの誘いに応じる

あまり好んで人と関わろうとしないシャイ女性。
ですが、好きな人からデートに誘われたら応じる姿勢を見せます。
シャイな女性は感情を表に出すことが苦手な方が多いため、デートへの誘いに嬉しそうな表情を見せないかもしれません。
しかし、1人でいることが好きなシャイ女性が、デートの誘いに応じたこと自体すごいこと。
そのため少々わかりにくいですが、脈アリサインだと捉えてOKでしょう。

(3)沈黙される

好きな人の前で緊張してしまい、上手く話せなくなる女性もいます。
「こう言ったら嫌われないかな」など気にしすぎてしまう結果、言葉がでてこなくて会話が続かないことも…。
素っ気ないのではなく、緊張している可能性もあることを覚えておきましょう。

(4)視線をそらす

シャイな女性は視線が合うと恥ずかしくなって、すぐにそらしてしまいがち。
女性に好意を抱いている男性からすると、目を合わせてくれないのはショックですよね。
しかし、誰かと目が合えば相手にかかわらず「そらす」という行動をとってしまうのだとか。そんなシャイな女性は、好きな男性に対しては目をそらす行動がさらに顕著になるでしょう。
「好きだからこそ冷たくしちゃう」というシャイな女性のことが理解できましたか?
女性に塩対応されたからといって、ショックを受けないでくださいね。
塩対応の中にも脈アリサインが隠れているので、見つけ出してチャンスに変えましょう。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ