ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 美腸は美肌のもと!腸活を意識した生活習慣でキレイになれるってほんと?

美腸は美肌のもと!腸活を意識した生活習慣でキレイになれるってほんと?

2022.06.22

美腸は美肌のもと!腸活を意識した生活習慣でキレイになれるってほんと?

転職や転勤、引っ越しなど、生活環境がガラリと変わりやすい季節。食事や睡眠の時間が不規則になり、便秘になりやすかったり、肌荒れしやすくなったりと、悩むことはありませんか?
ということで、今回は、腸活を意識した生活習慣で、美腸、美肌になる方法や運動法についてご紹介します。

腸活を意識した生活習慣でキレイになれる理由とは?

腸活でキレイになれる理由の1つ目は、腸内環境が整うと、お通じが良くなり、ウエストがスッキリ細くなりやすいからです。腸内の老廃物が排出されることで、食べ物からの栄養の吸収が改善されやすく、おなか周りに脂肪がつきにくくなる傾向があります。
腸活でキレイになれる理由の2つ目は、腸内環境が改善し、悪玉菌が減ると、ニキビや吹き出物などができにくくなるからです。悪玉菌が減ることで、腸のぜん動運動が活発になり、お肌の新陳代謝もスムーズになりやすいのです。

汚腸から美腸になるためには?

新生活が始まる4月に、一度生活習慣を見直してみませんか?生活環境が一変すると、慣れるまで多忙で、ついインスタント食品やコンビニ弁当などで食事を済ませてしまいやすいですよね。
加工食品には、保存料が多く含まれており、腸内の善玉菌が死滅しやすい傾向があります。そのため、免疫力が落ちたり、腸内環境が悪化したりと、汚腸の原因になりやすいのです。美腸を保つためにも、まずは加工食品を控えて、腸へのダメージを減らし、腸内環境を整えることが大切です。

美腸になりやすい水溶性食物繊維

海藻類や納豆など、水溶性食物繊維が豊富な食材は、腸内の善玉菌のエサになりやすく、腸内環境が整いやすくなります。
水溶性食物繊維は、水に溶ける性質があり、便が柔らかくなりやすく、便通がスムーズになる傾向があります。腸の中の不要なものが取り除かれることで、美腸になりやすいとされています。

腸活には、発酵食品を摂り入れて

チーズやキムチなどの発酵食品には、善玉菌が含まれていると考えられています。発酵食品を摂り入れることで、腸内の善玉菌が増える傾向があり、腸内環境が整いやすいのです。

美腸・美肌には30分のウォーキング!

毎日約30分のウォーキングをすることで、腸のぜん動運動が活発になりやすいです。大股で歩くと、腹筋が刺激されやすくなり、便秘にもなりにくい傾向があります。腹筋を使うことで、お腹まわりの血流が改善し、美腸になりやすいのです。

美腸習慣を日常生活に

美腸を目指すには、まず加工食品を控えめにして、体内に余分な老廃物をためこまないことが大切です。さらに、腸から美肌を目指すには、水溶性食物繊維を摂取し、便秘を予防しましょう。
そして、すき間時間に、ウォーキングなどで軽く体を動かしてください。美腸は、美肌のもとです。内臓から美しくなることで、肌つやもアップしやすいので、ぜひお試しくださいね。

横内 稚乃( 鍼灸師、整体師、エステティシャン)
【プロフィール】
兵庫県出身。明治鍼灸大学(現在「明治国際医療大学」)卒業。2004年に大阪府茨木市で、Access Health & Beauty稚乃針灸整骨院を開業し現在に至る。美容鍼灸や小顔矯正、骨盤矯正などの施術が人気の美容専門の鍼灸整骨院で、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの多数のメディアに取り上げられている。
●2021年に電子書籍を出版
「美容鍼灸師が教える1分小顔ツボ:すき間時間にできる、小顔テク (キレイ綺麗出版) Kindle版」
【所有資格】
・鍼灸師
・メンタル心理カウンセラー
・柔道整復師
・エステティシャン
・整体師
・ブライダルプランナー
・整理収納アドバイザー
・料理教室の開業権

関連記事

提供元:カラダクリアー|身体の内と外から「ホンキノカラダ」をつくる

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ