ホーム グルメ > SNSで話題の奈良「うのまち珈琲店」は期間限定メニューも見逃せない!

SNSで話題の奈良「うのまち珈琲店」は期間限定メニューも見逃せない!

2019.10.03

重要伝統的建造物群保存地区として江戸時代の町並みをそのまま残している、奈良県橿原市の今井町。
そんな今井町の一角にある「うのまち珈琲店 奈良店」は、SNSで話題の人気カフェ。思わずシェアしたくなる可愛らしい見た目のスイーツは、どれにしようか迷ってしまうものばかり。人気の定番メニューだけでなく、メニュー表には載っていない「期間限定メニュー」についてもご紹介します!

江戸時代の情緒漂う町家を改装した、古民家カフェ

写真:SAORI GRAPH

江戸時代の寺内町そのままの風情と情緒漂う姿を残している、奈良県橿原市にある今井町。まるでタイムスリップしたかのような光景は、のんびり散策するのにうってつけ。
歴史的にも価値の高い建造物が数多く残っている今井町ですが、過度な観光地化はされておらず、今でも静かな町並みには人々の生活が息づいています。

写真:うのまち珈琲店

そんな今井町の一角にあるのが、SNSでも話題のカフェ「うのまち珈琲店 奈良店」。岡山県にある「うのまち珈琲店」の2号店として、2018年12月にオープンしました。
風情ある町家の外観はそのままに、店先に掛けられたカモメの暖簾がカフェの目印になっています。

写真:うのまち珈琲店

古民家の梁を活かした店内は、天井が高く開放的な雰囲気。ブックカフェでもあるうのまち珈琲店は、壁一面の本棚やカウンターに約1,500冊の本がズラリ!テーブル席とカウンター席があるので、会話を楽しみたい時はテーブル席、ゆっくり本を読みたい時はカウンター席と、訪れる人数や過ごし方によって座る場所を選ぶことができます。
オーナーの小田さんのこだわりはズバリ、カフェの空間作り。心地良い空間こそ、カフェの醍醐味といっても過言ではありません。木の温もりや優しく流れるBGM、柔らかい明かりの照明など、さまざまな要素が絡み合い「なぜか心地良く感じる」「珈琲や他のメニューがさらに美味しく感じる」そんな空間を演出しています。

これは撮らずにいられない!見た目もおいしいスイーツ

写真:SAORI GRAPH

うのまち珈琲店が話題になったきっかけが、可愛らしい見た目のドリンクやスイーツ。中でも「うのまちクリームソーダ」と「クレームブリュレの季節のパフェ」は、SNSシェア率の高い人気メニューです。
クリームソーダというと緑色のメロンソーダにバニラアイスがのったものを想像しますが、「うのまちクリームソーダ」は爽やかなブルー!お店のロゴが入ったグラスに、ソーダは青から透明のグラデーション、そして入道雲のようにポンとのせられたバニラアイスと真っ赤なチェリー。味は見た目通りのスッキリしたソーダと、バニラアイスの甘さが絶妙!
思わず誰かに教えたくなる、そんなクリームソーダです。

写真:うのまち珈琲店

「クレームブリュレの季節のパフェ」は、イチゴやキウイ、マスカットなど、旬のフルーツを使ったパフェ。訪れた人は必ず頼むと言ってもいいほどの人気メニューです。
フルーツの断面が模様のようにグラスを彩っており、その可愛さに心が“キュン”とすること間違いなし。見て、撮って、食べて楽しめる、1つで何度もおいしいパフェ。時期によってフルーツが変わるので、季節ごとに訪れたくなりますね!
※時期によって内容が変わります。詳しくはうのまち珈琲店のSNSをご確認下さい。

SNSフォロワー限定や期間限定のメニューも要チェック!

写真:うのまち珈琲店

うのまち珈琲店には定番メニュー以外に、「SNSフォロワー限定メニュー」や「期間限定メニュー」といった隠れメニューもご用意!
「SNSフォロワー限定メニュー」は、うのまち珈琲店のSNSをフォローしていることが分かる画面を見せれば注文可能。看板やメニュー表に記載がなく、企画ごとにメニューが変わるので、情報を得るためにもお店のSNSフォローはかかせません。
11月中旬まではゴールデンキウイのパフェの予定、とオーナーの小田さん。隠れメニューながらあまりの人気に午後には売り切れてしまうこともあるので、どうしても食べたい!という方はなるべく早い時間に来店を。

写真:うのまち珈琲店

そして2019年11月30日(土)までの期間限定メニューには、東海道新幹線をイメージした2つのタピオカドリンクが登場!こちらはJR東海の「うましうるわし奈良」キャンペーン企画のメニューです。
タピオカ新幹線(右)は、東海道新幹線のイメージカラーを、ミルクホイップをベースとした白と、バタフライピーの鮮やかな青で再現。優しい甘さに乗ったプニプニのタピオカが、お腹も心も満たしてくれます。
タピオカドクターイエロー(左)は、スムージーの黄色でドクターイエローの車体カラーをイメージ。爽やかなパイナップルの風味とタピオカが、喉を駆け抜けます。
こちらのドリンクの注文は、スマートフォンで新幹線予約が簡単にできる「EXアプリ」の提示が条件となっています。「EXアプリ」で旅をスマートにするついでに、今しかない限定ドリンクもいかがですか?

カフェメニューでお腹も満たせます

写真:SAORI GRAPH

スイーツやドリンクの他に、カフェごはんもあります。カレーやドリアといったお腹が満たされるメニューを用意しているので、ランチにもおすすめ。単品メニューだけでなく、本日のカレー(ドリア)にサラダ、ドリンク(コーヒーorりんごジュース)がセットになったお得なお食事セットもあります。

写真:SAORI GRAPH

お食事セット以外にも、フォンダンショコラやチーズケーキとドリンクがセットになったケーキセットも。
観光途中にお腹が空いたら、うのまち珈琲店でパワーチャージしましょう!

「読む」だけじゃない。しおりで繋がるブックカフェ

写真:SAORI GRAPH

店内にある本はジャンルも様々。気になった本を自由に手に取ることができます。
そして、うのまち珈琲店には、本に関する少し変わったシステムがあります。

写真:SAORI GRAPH

それがこちらの「しおり」。テーブルやカウンターの上に置かれたしおりには、ちょっとした仕掛けがあるのです。

写真:SAORI GRAPH

しおりの裏面には、名前やSNSのアカウント名、しおりを挟んだ日付けが記入できるようになっています。自分が手に取った本を同じように手に取った人物…ちょっと気になりませんか?そんな時、本に挟んであるしおりでその人物にコンタクトを取ることが出来るのです。
うのまち珈琲店のしおりを通して、新しい出会いがあるかも!?
※「共通の趣味があるとはいえ一方的に運命を感じてしまわないようご注意ください」との小粋な注意書き有り。

うのまち珈琲店 奈良店の基本情報

住所:奈良県橿原市今井町4-3-6
電話番号:0744-41-6645
定休日:不定休
営業時間:11時〜19時
アクセス:近鉄橿原線「八木西口駅」から徒歩7分、JR桜井線「畝傍駅」から徒歩10分、近鉄大阪線「大和八木駅」から徒歩15分
駐車場:専用駐車場なし。近隣に今井まちなみ広場駐車場(有料)あり
2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
うのまち珈琲店 Instagram
https://www.instagram.com/unomachi_coffee/
うのまち珈琲店 Twitter
https://twitter.com/unomachicoffee
江戸時代を真空パック!美しい奈良の町「今井」をゆっくり散歩
https://www.travel.co.jp/guide/article/36731/
江戸時代にタイムスリップ!奈良「旧米谷家住宅」で癒しのひととき
https://www.travel.co.jp/guide/article/36733/
今こそ奈良観光へ!専門家おすすめ「行くシカない」スポット30選
https://www.travel.co.jp/guide/matome/103/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
SAORI GRAPH

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア Google+
P R