ホーム インテリア・雑貨 > 枯れ姿も楽しめる!?新・インドアグリーンの楽しみ方

枯れ姿も楽しめる!?新・インドアグリーンの楽しみ方


またこんな風に枝ものを交差させると、鉢植えの植物とは違った「動き」を空間に与えることができます。


観葉植物は重いし手入れも必要、またトロピカルなイメージの樹種が多くて、今ひとつ手を出す気持ちになれなかったという方も、これならなんだか楽しめそうですよね。季節によって、インテリアのテーマによって、気軽に植物の種類をチェンジできるのもいいところ。

枯れ感をアートのように味わうのも大切

ここで先日伺ったちょっと感動した言葉をご紹介します。
「枝ものは葉っぱが枯れて縮れてきたり、色が変わったりします。ですけれど、その自然の移ろいを楽しむのものおしゃれです。そのときに大切なのが器で、よい作品に生けられていると、植物の経年変化が味わいとして見えてくるのです」とのこと。これからの季節こそ活かせそうな考えかたです。


こちらは「アキイロあじさい」。枝ものではないですが、枯れて行く感じも楽しめる植物の一種です。

侘び寂び的な感じというより、アートみたいな感じで枯れ感を楽しむ。というのは、なるほど、アートなお店ならではの視点です。今後も同店では花やグリーンの新しいアイディアを店頭で提案していくそう。

< 1 2 3 4 >

シェア Google+

関連記事

P R