ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 「すべて自然由来の原料」なのに肌荒れするのはなぜ?

「すべて自然由来の原料」なのに肌荒れするのはなぜ?


自分に合う化粧品選びのポイント
自然系、石油系ともに、それぞれ長所と短所があります。自然由来の成分は原料がわかる安心感がありますが、品質を一定に保つことが難しいもの。とくに自分で食材から作ろうと思うと、ロットによって色や成分にばらつきが見られます。一方、石油系由来の原料は、品質を一定に保ちやすいメリットがありますが、「肌に悪い」というイメージはまだぬぐえないようです。

こうなると、どのような化粧品を選べばいいか悩んでしまいますが、筆者は自分の肌に合った、コンセプトやデザインが好きな化粧品こそ「いい化粧品」ではないかと考えます。どんなに肌に合っていても、メーカーのこだわりなどに納得できなければ効果も薄れてしまうでしょう。化粧品は肌を健やかに保つだけでなく、女性の心にも作用する嗜好品のような側面もあると思うのです。

自分の肌に合わない成分を知りたいときには、皮膚科でパッチテストを受けることができます。「石油だからダメ」と決め付けたり、成分に対して過剰に気にし出したりすると、それがストレスとなって肌に悪影響を及ぼすことも。肌が弱くなければ、原料だけを見て選ぶよりも、肌質や使用感などにこだわったほうが、自分に合った化粧品を見つけやすくなるでしょう。
(藤井蒼)

< 1 2 3

シェア Google+

関連記事

P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019