ホーム レシピ > ひんやりとろける夏スイーツ「ココナッツのブランマンジェ」

ひんやりとろける夏スイーツ「ココナッツのブランマンジェ」

ひんやりスイーツがおいしい季節。とろけるように滑らかな口当たりのブランマンジェは、夏の食後のデザートにも、ちょっぴり贅沢なおやつとしてもぴったり。

ココナッツの濃厚な香りと、マンゴーソースの爽やかな酸味は、トロピカルムード満点。
二層になった見た目も華やか。ピスタチオやミントなどグリーンを添えれば、ご自宅でカフェ風スイーツタイムが味わえます!


ココナッツのブランマンジェ



レシピ制作:パティシエール 井手田 幸


<材料 グラス 4 〜 5 個分>
<ブランマンジェ>
 牛乳 300ml
 ココナッツロング 100g
 グラニュー糖 60g
 生クリーム 160g
 板ゼラチン 4g
<マンゴーソース>
 マンゴー 1/2個
 レモン汁 小さじ1(甘みが足りなかったら、シロップを適量加える)
<シロップ>
 水 30ml
 グラニュー糖 15g
<デコレーション>
 マンゴー 1/2個
 ピスタチオ(刻み) 3粒
 ミントの葉 4〜5枚

<下準備>
・<ブランマンジェ>の板ゼラチンを氷水につけてもどす


・<シロップ>を作る。小鍋に水とグラニュー糖を入れ、沸騰させる

<作り方>
1、<ブランマンジェ>を作る。牛乳を鍋に入れ、火にかける。沸騰直前になったら火を止め、ココナッツロングを入れて蓋をして、10分程蒸らしてボウルにこす。


2、1の少量を小鍋に入れ、少し温めてグラニュー糖を加え溶かし、水でもどしたゼラチンを加える。1のボウルに戻し入れ、生クリームを加えてそっと混ぜる。


3、氷水にあて、少しトロミが出るまで混ぜる。トロミが出たら、グラスに注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。


4、<マンゴーソース>を作る。マンゴーは皮をむき、3枚におろしてザク切りにし、レモン汁を加えフードプロセッサーにかける。酸味が強いようであれば<シロップ>を適量加える。


5、<デコレーション>のマンゴーの皮をむき、3枚におろしてさいの目にカットする。冷やし固まった<ブランマンジェ>の表面に<マンゴーソース>を掛け、カットしたマンゴーをのせる。刻んだピスタチオを散らし、ミントの葉を飾って出来上がり。


マンゴーのかわりに、オレンジやグレープフルーツなど季節の果物でソースをアレンジしても。
ココナッツロングが手に入りにくければ、粉末状のココナッツファインでも代用できます。

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R