ホーム レシピ > フレッシュな夏のおもてなし 皮もまるごと「甘夏ゼリー」

フレッシュな夏のおもてなし 皮もまるごと「甘夏ゼリー」

夏のおもてなしデザートとして、作って喜ばれるレシピがこちら。

果皮をそのまま器に使う見た目の可愛らしさは、インパクト大。中からは、ぷるぷるのゼリーと果肉がまるごと。オレンジの爽やかな甘さと酸味を、100%味わえるフレッシュな一品。

来客時のデザートのほか、凍らせておもたせにして、少し溶けた頃に頂くのもおすすめです!


■甘夏ゼリー

レシピ制作:パティシエール 井手田幸


<材料>※甘夏の皮の器 2個分 
甘夏 3〜4個
グラニュー糖 60g
板ゼラチン 3g
 
 

<下準備>
・板ゼラチンは氷水でもどす。

<作り方>
1、甘夏2個は上1/5を切り、果肉を取り出す。皮は器として使う。残り1個の半分は果肉と一緒に200mlになるまで絞る。半分は房ごとにカットする。

2、果汁200mlのうち170mlをボウルに入れる。

3、残りの果汁30mlとグラニュー糖を鍋に入れて火にかけ、グラニュー糖が溶けるまで温める。もどしたゼラチンを加えて混ぜ、溶けたら2のボウルにこし入れ、静かに混ぜる。

4、ボウルの下に氷水をあててトロミが出たら、1の甘夏の皮の器に少し注ぎ、1の房を入れ、またゼリーを注ぐ。甘夏の蓋をして冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

果汁が足りなければ、オレンジジュースを足してもよいでしょう。甘夏のほか、サマーオレンジやグレープフルーツなどでも代用できます。
 

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R