ホーム 子育て > 自分が“お古ばかり”だということに気付いてしまった!? 〜姉の新しいアイテムがうらやましい次女の話:前編〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第103話】

自分が“お古ばかり”だということに気付いてしまった!? 〜姉の新しいアイテムがうらやましい次女の話:前編〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第103話】

ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

暦の上ではもう春ですね! 新年度が迫り、わが家の姉妹も入園・入学が迫ってきたので、少々バタバタしているのですが。

今年小学生になる長女と、幼稚園に入園する次女。入学&入園準備をする中で、姉は新しい物を買ってもらい、次女は自分がお下がりが多いことに気付いたようで…。

今まではどちらかというと、「お姉ちゃんが使っていたもの」に憧れがあったので、お下がりのものはむしろ大好きだったんですよね。しかし、「小学校に入学」という節目のちょっと大掛かりな準備の様子を見て、オコメもとうとう“お下がり”の存在に気付いてしまったのか、ムスメの新しい学用品がうらやましくなってしまったようでした。

3年後はオコメも、お下がりよりも新品が多いと思うよ…! と言っても通じるはずもなく。



ほとんどお下がりで済んでしまう入園準備。姉のことがうらやましくなった次女は…。


サンタさんに頼むくらいの本気だった…!?(まだかなり先だけど…)

いっそ駄々をこねてくれた方が対処しやすかったかもしれない…。

期待たっぷりで提案したオコメの気持ちに、ちょっと切ない気持ちになってしまいました。

後編に続きます。
(koyome)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)