ホーム 子育て > 精神的に弱いかどうかは関係ない…! /パニック障害で誤解していたこと【パニックにゃんこ Vol.13】

精神的に弱いかどうかは関係ない…! /パニック障害で誤解していたこと【パニックにゃんこ Vol.13】


前回のあらすじ
早くパニック障害を治して子どもが欲しい…! 主治医の先生の答えは…


乗り物に乗ること、遠い所へ行くこと
これらができなくなってしまったことは、私の人生を大きく変えてしまいました。

もちろん好きなだけ好きなところに行く、ということは金銭的にも難しいのですが、例えお金があったとしてもそれを実行することができない…

もう私にはずっとこの狭い世界で生きていく人生しかないんだ…と。

「一生治らなかったらどうしよう…」と思いながらも、少しの希望で少しだけ前を向くことができました。

そう思わなければ絶望で壊れていたかもしれません…。


パニック障害は主にこの「予期不安」で苦しめられているといってもよいです。

要するに日常生活で「倒れたらどうしよう…」「外で発作起きても誰もいないし…」など、悪い事ばかり考えてしまい、発作を恐れて何もできなくなるのです。

もし頑張ってチャレンジしたのに…予想通り外で発作に見舞われた場合、更に恐怖が増して外に出るのがますます怖くなる…

そういった負のループで毎日苦しめられています…。


パニック障害のきっかけは、ストレスなど色々あるとは思いますが、自分でも意図せずに恐怖を感じたりするこの現象は考え方や精神論でどうにかなるものじゃないなと思っています。

「精神的に弱い人間がなってしまう」と思っている人もいるかもしれませんが、脳の誤作動や脳内神経伝達物質のバランスを崩すことが原因になっているようです。

脳の病気…と考えるとそれはそれで怖いですが、「精神的に弱いのが原因なのかな…」と思い込んでいたので、少し救われた気持ちになりました。
そして私も誤解していたことがあって…。

これはその病気を知らないことからくる「あるある」かもしれませんが、「パニック障害」という名前から、いろいろな偏見や誤解をしてしまいがちですね…。


リラックスしている時や、1人で考え事ができるような状況だと予期不安が出て不安になるので、逆にそれを全く感じる事ができない状況(本当の恐怖に襲われている場合)の時は発作は出ないのです。

パニックとパニック障害はあくまで全く別物、と考えておくといいかもしれません。


パニック映画などで出てくる「怪獣に追いかけられる」ようなことがあったら、パニック障害など吹っ飛んで全力で逃げると思います(笑)


これは人によると思いますが、周りの人にしてもらって嬉しかったことは、たとえ何もできなくても本を読んだりネットで調べてくれることでした。

タマオくんは本を読んでも「ああした方が良い、こうした方が良い」などのアドバイスをしなかったこともありがたかったです。

パニック障害の患者の私は、そっとしておいてもらえる、もし外出先で倒れたら側にいてくれる、というだけで充分嬉しいなと思いました。


これは治療や治るような病気だったら、私も全力で調べていたのだと思います。

しかしこの時は何度も発作を起こした場面や、パニック障害になってからのことがフラッシュバックをしてどうしてもパニック障害について調べることができませんでした。

知れば知るほど、意識をしてしまい余計に不安感が増す…
それが怖くてあえて何も調べない、という方法を取りました。


その時の私は、ただただ薬を飲んで時が経つのを待つ…
それくらいしかできませんでした。
次回に続く!

『パニック障害とは』
理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、手足の震えといった発作が起こり、そして発作が繰り返されることで、発作に襲われることに対する不安を感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってしまう症状です。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。

(鳥頭ゆば)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)