ホーム グルメ > 節約にもなり、絶品だと評判! 「薄切り豚肉」で作る主菜レシピ5選

節約にもなり、絶品だと評判! 「薄切り豚肉」で作る主菜レシピ5選

あらゆる料理に使いやすい「薄切り豚肉」。お手頃な価格で手に入れやすいので、節約にもつながる万能食材だと言えます。

そこで今回は、薄切り豚肉で作る主菜レシピ5つを厳選してご紹介。絶品だと評判のレシピが揃っています。今日の献立の参考にもぜひ!

■さっぱりとした味わいで食べやすさ抜群! 薄切り豚肉の「ショウガ焼き」
さっぱりとした味わいで食べやすさ抜群! 薄切り豚肉の「ショウガ焼き」

出典:E・レシピ


薄切り豚肉の柔らかい食感を堪能したいのなら、こちらのレシピがオススメ。薄切り豚肉のショウガ焼きです。炒めた薄切り豚肉を一旦取り出し、キッチンペーパーでフライパンをサッと拭いてから再び焼くので、さっぱりとしていて、食べやすいのが魅力。

仕上げに、器にスプラウトと合わせたキャベツと豚肉を盛り合わせ、残ったタレに水溶き片栗を加えトロミをつけ、豚肉にかけましょう。お好みで、プチトマトを添えれば完成です。ショウガの風味が食欲をそそり、ご飯がもりもり進む美味しさ。お弁当のおかずにもピッタリなサイズ感に仕上がりますよ。



■子どもも大好き、野菜がたっぷり摂れる「豚肉のケチャップ炒め」
子どもも大好き、野菜がたっぷり摂れる「豚肉のケチャップ炒め」

出典:E・レシピ


子どもが好むケチャップ味の料理のレパートリーを増やしてみませんか? 野菜がたっぷり入った、こちらの豚肉のケチャップ炒めを作れば、家族みんなが喜びそうです。少しトロミをつけるので、口当たりが良く食べやすいのもポイント。

仕上げに、調味料を加え、全体にからめるように炒めてから、塩コショウで味を整えますが、ソースが好きな場合は、しょうゆをウスターソースに代えたり、辛口が好きなら、チリソースを加えてもオッケーです。15分で簡単に作れるので、忙しい日はもちろん、お弁当のおかずにも最適! ぜひトライしてみてくださいね。



■節約時短が叶う! 薄切り豚肉で作る「ハッシュドポーク」
節約時短が叶う! 薄切り豚肉で作る「ハッシュドポーク」

出典:E・レシピ


煮込みに時間がかかる印象のハッシュドポークですが、薄切り豚肉を使えば大幅な時短が可能に。缶のデミグラスソースを使用するので、味つけも楽々です。ソースにバターを加えれば、コクをプラスすることもできますよ。

このレシピでは、材料に薄切り豚肉、玉ネギ、シメジ、ブロッコリーを使っていますが、ニンジンやジャガイモを加えても良さそうです。お好みで、コショウを振ってから召し上がれ! コーヒーフレッシュをかけたり、ドライパセリを振っても◎。コッテリ派なら、温泉卵やチーズをのせてからいただくのもアリです。



■長芋のサクサク食感がたまらない、爽やかな味わいの「豚肉ロール」
長芋のサクサク食感がたまらない、爽やかな味わいの「豚肉ロール」

出典:E・レシピ


薄切り豚肉をさっぱりと味わえるのが、こちらのレシピ。長芋のサクサク食感がたまらない豚肉ロールです。大葉と梅おかかも入れるので、お酒のおつまみにもピッタリ。お好みで、キャベツ、キュウリ、トマトと一緒に盛り合わせてからいただきましょう。

このレシピを上手に作るためには、豚肉は巻き終わりから焼きはじめてくださいね。その後、豚肉を転がしながら焼き色をつければ、より食欲をそそられる仕上がりに。また、豚肉ロールは食材を変えるだけで簡単にアレンジ可能。ニンジンやインゲンをチーズと一緒に豚肉で巻いて焼いても美味しいです。



■残り野菜を有効活用できる、満足度の高い「豚肉のウスターソース炒め」
残り野菜を有効活用できる、満足度の高い「豚肉のウスターソース炒め」

出典:E・レシピ


豚肉と野菜がたっぷり食べられる、豚肉のウスターソース炒めは男性からも大好評な料理です。

作り方はとっても簡単! フライパンにサラダ油大さじ2分の1を強火で熱し、豚肉を色が変わるまで炒め、いったん取り出します。そして、同じフライパンに残りのサラダ油を足し、玉ネギがしんなりするまで炒め、白ネギ、ピーマン、赤パプリカを炒め合わせましょう。全体に炒まったら、豚肉をフライパンに戻し入れ、塩コショウ、ウスターソースを加え、からめるようにサッと炒め合わせれば、出来上がりです。自宅の残り野菜を加え、ボリュームアップするのもいいでしょう。



薄切り豚肉は、ブロック肉と比べ火の通りがはやく、リーズナブルなのがうれしいですね。いずれのレシピも短時間で作れて、ご飯のおかずに最適なので、ぜひ試してみてください! 

(木下あやみ)
タグ
シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)