ホーム エンタメ > 何もしない夫と過ごす育休期間は地獄でしかない/まさとの場合(3)【モラハラ夫図鑑 Vol.48】

何もしない夫と過ごす育休期間は地獄でしかない/まさとの場合(3)【モラハラ夫図鑑 Vol.48】

■前回のあらすじ
子どもができれば変われるから、子どもが欲しいと言い出した夫は…。

※この話は「ひとり親世帯」の経済的支援と心の支援に取り組んでいるサービスwaccaに投稿された実話を元に漫画化しています。


子どもが生まれ、一度は就職した雅人ですが、すぐに辞めてしまい、いつも家にいることに。
そんな私の育休期間は地獄でした…。

雅人は1日中リビングのソファでゲームをしているかテレビを見ているかでした。オムツやミルクやお風呂の世話も、私がすべての準備をした上でちょっとやるだけ。それも数えるくらいしかやってくれたことはありません。

ソファは雅人が占領していたため、私は子どもと、子どものために敷いたジョイントマットの上に座るしかありませんでした。

今でもあの野球ゲームの音を聞くと重苦しい気持ちになります…。

一度だけどうしても行かなければならない通院の日に娘を預けたことがあります。



雅人は子どもの声で具合が悪くなるというので、私たちは元夫のいるリビングから一番離れた部屋で1日を過ごすこともよくありました。
近くの小児科が休みの日に、遠くの小児科まで車で連れて行ってもらったことがあるのですが…。

もうその病院には行けなくなりました。
今考えると早く逃げれば良かったのですが…当時は、雅人と娘の生活を私が支えなければならないと必死でした。

次回に続く!

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)