ホーム レシピ > たっぷりぬっても罪悪感なし!「グリンピースのジャム」がおいしい!

たっぷりぬっても罪悪感なし!「グリンピースのジャム」がおいしい!

以前、栄養専門学校で働いていたとき、グリンピースの食べ比べをする食育の授業がありました。


その授業の試食は、「グリンピースのジャム」。これを事前に味見させてもらったのですが、これがとってもおいしかった!

私は野菜のジャムになじみがなく、「グリンピースでジャム?」と最初ピンとこなかったのですが、「バターと合うからパンに塗って食べてみて!」と渡され口に入れると…意外や意外、止まらないおいしさでした。

グリンピースというとピースご飯が定番だった私に、新たな定番をもたらしてくれたのがこのジャムになります。

色合いも緑色がきれいで、気分もアップ

なによりグリンピース栄養価の高い野菜です。
鉄分ベータカロテンビタミンB群などが豊富に含まれますが、とくに突出して多いのが食物繊維。食物繊維が多いといわれているごぼうよりも多いんですよ。

なので、たっぷりぬっても罪悪感なし。パンにバターをぬったら、「グリンピースジャム」をたっぷりとどうぞ!

ちなみにグリンピースは豆なので、あんこと似ているような。あんバタートーストとつながるものがあります。

私のように野菜のジャムに抵抗がある方も、騙されたと思ってぜひ。

■グリンピースジャム
グリンピースジャム

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 作りやすい量1回分>
グリンピース 100g
砂糖 30g
水 50ml
塩 適量

<作り方>
1、熱湯に塩を加え、グリンピースを5分ほどゆで、水にさらす。

2、(1)と水をフードプロセッサーで攪拌し、ペースト状にする。


3、(2)を鍋に移し、砂糖を加えて火にかける。もったりとしたら完成。

ヨーグルトに入れて食べてもおいしいですよ。

(長 有里子)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha イチオシ特集

eltha(エルザ by オリコンニュース)