ホーム 子育て > 嘘をついていた息子に、それによって失ってしまった“大事なもの”を気付かせたい!【ヲタママだっていーじゃない! 第116話】

嘘をついていた息子に、それによって失ってしまった“大事なもの”を気付かせたい!【ヲタママだっていーじゃない! 第116話】

こんにちは、エェコです。

今回は最近一番ショックだった出来事で

この出来事により、どうしても教えておかねば…! と思ったことのお話です。

■息子が嘘をついていた! しかも先生にまで…!

小学5年生の息子。高学年だし自分でできると思い、「宿題終わった」という息子の言葉を信じたところ…。

本当は嘘で、やっていなかったことが、先生からの連絡で判明。

私だけじゃなく先生にまで嘘をついて…。これは信頼がどういうものか教える必要があるかも!?

チェックしなかった私も悪いのですが、今までずっと宿題はできていました。

たまに忘れててやってなかった時があっても「忘れてた! やってない!」と正直に言ってくれました。

なので「宿題をやっていない」ということよりも「嘘をついて騙していた」ほうがショックでした。

しかも先生まで巻き込んで…。

今まで可愛らしい嘘をついたことは多々あれど(ゲーム時間をちょっぴりすぎて遊んでしまってごまかした…など)この嘘はいけないと思い、嘘をつくとどうなるか…高学年ですし気付かせたほうがいいなと思い、行動にでました。



■嘘をついたことによって失ったものとは?

というわけで宿題チェック復活! 明日の準備などもチェックするように。

それが鬱陶しくなった息子は「自分でできる!」と言い出し…。

今までチェックしなかったこともチェックされるようになり、さすがに鬱陶しくなったんだと思います。

「自分でできるからチェックしないで!」と言われました。

でも……

そこで、息子が嘘をついたことによって、私や先生の信頼を失ったことを少し厳しめに諭しました。

一度失った信頼を取り戻すのには、ものすごい時間と頑張りが必要になるのだと。

これ以降、反省したようで息子は信頼を取り戻すべく頑張っています。

嘘だけでなく、今回「宿題をしてから遊びに行く」という約束も破った息子。

嘘や約束を“ほご”にしたり…そういうことで信頼って簡単になくなっていく…そして信頼を失うとどうなるのかわかってほしかった。

とても大事なことだと思い、厳しめに諭しました。

現在は息子も頑張って信頼を回復させたので、チェックも終わった宿題のみにしています。

生涯に渡り、とても大切なことだと思うのでこれだけはずっと覚えていてほしいです。
(エェコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)