ホーム 子育て > 怒られると絶望する子 叱る時のルールとは?(後編)【「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! Vol.5】

怒られると絶望する子 叱る時のルールとは?(後編)【「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! Vol.5】

この漫画は書籍『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! 親子のコミュニケーション、試行錯誤中!』(著者:さざなみ)の内容から一部エピソードを掲載していきます。
■前回のあらすじ
小さな頃絶望しやすかったさざなみさん。クラス全体が先生に怒られたときも、必要以上に重く受けてめてしまいました。しかし翌日…。


小さい頃絶望しやすかったさざなみさん、子どもの頃こんなふうに叱って欲しかったと思うことを自分でまとめてみたそうです。

今後成長するにつれ叱り方も変わっていくかもしれませんが、娘さんの受け取り方に注意しながら、このルールをアップデートしていくそうです。

『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! 親子のコミュニケーション、試行錯誤中!』
著者:さざなみ(KADOKAWA)¥1,100(税込)

我が子とはいえ、好みも感じ方も自分とは違うひとりの人間。目の前にいたとしても、どんな気持ちでいるのか、本当のところは分からない。それでも何とかお互いの心を通わせたくて、さまざまに思いを巡らせた、もの思うママ・さざなみさんの等身大育児エッセイマンガ。


イラスト:(C)さざなみ/KADOKAWA


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)