ホーム レシピ > グリンピースの栄養価を損なわずに風味をたっぷり味わえる「グリンピースのスパゲティー」

グリンピースの栄養価を損なわずに風味をたっぷり味わえる「グリンピースのスパゲティー」

春はの季節。

ソラマメや絹サヤなどの豆類が出回り、サラダや煮物、炒め物に新緑の彩りを添えてくれます。

なかでも「グリンピース」は旬が短いので、見かけたら思わず手が伸びる旬野菜。
炊き込みご飯やスープなどにして春の風味をたっぷり味わいたくなります。

冷凍や缶詰のグリンピースは苦手でも、この時期が旬の生のグリンピースは好みの方も多いのではないでしょうか。

今回はグリンピースが主役のスパゲティーをご紹介します。


蒸し煮にして蒸し汁ごとつぶし、チーズをたっぷりと合わせたシンプルな一品。
蒸し汁ごと使うことで、グリンピースの栄養価を損なわずに風味をたっぷり味わえるスパゲティーです。

作り方2では蒸し汁が多いように感じますが、つぶして粉チーズを合わせるとソース状にまとまります。

粉チーズはお好みのハードタイプのチーズをおろすと贅沢ですね。
キリッと冷えた白ワインによく合うスパゲティーです。

■グリンピースのスパゲティー

調理時間 20分


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
グリンピース サヤから取り出して110〜120g(サヤ付きで約250g)
水 100ml
塩 少々
粉チーズ 35g
スパゲティー 160g
塩 16g

<作り方>
1、鍋にグリンピース、水、塩を入れて強火にかけ、煮たったら弱火にして鍋に蓋をして柔らかく火を通す。


2、(1)を大きめのボウルに蒸し汁ごと移してマッシャーでつぶし、粉チーズを加える。味をみて薄ければ分量外の塩を加えて調味する。


3、鍋に1600mlの湯を沸かして塩を加え、スパゲティーを表示の時間の通りゆでてザルに上げて水気をきる。熱いうちに(2)のボウルへ移してからめ、器に盛る。




豆はサヤから出ると薄皮がかたくなるので、お店で選ぶときはサヤ付きがおすすめです。

(保田 美幸)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)