ホーム レシピ > シワが入ってしまった「ミニトマト」を復活させるには?

シワが入ってしまった「ミニトマト」を復活させるには?

夏野菜の代表といえばトマト

トマトの成分としてあまりにも有名なのが、リコピンです。リコピンは抗酸化作用が高いので、夏の紫外線ダメージからお肌を守ってくれる働きがあります。トマトは、まさに夏に食べたい野菜になります。

そしてトマトの中でもとくに「ミニトマト」は、お弁当や献立の彩りに欠かせないという人が多いでしょう。

でも野菜室に置きっぱなしにして、しわが寄ってしまった、なんてことはありませんか?


冷蔵庫の中は乾燥しています。この乾燥により水分が失われ、皮に張りがなくなってしまうのです。

そんなときは、「もう使えない…」と思わずに、水につけてみましょう!



しばらく(15分程度)たっぷりの水につけておけば、水分をすってツヤツヤに。

「時間がない!でもミニトマトを使いたい!」という方は、70℃くらいのお湯に30秒〜1分ほどつけてみて。



こちらも同じく張りを取り戻します。
(熱湯だと皮が割れてしまうのでご注意を)

ただし、皮がしわしわになったということは、それだけ購入してから日にちがたっているということです。

一見元通りになったかのように思いますが、鮮度は落ちているので、早めに食べきってくださいね。

(長 有里子)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ