ホーム 子育て > 落ち込んでいるのは私だけじゃないかも…母への複雑な想い【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.39】

落ち込んでいるのは私だけじゃないかも…母への複雑な想い【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.39】

■前回のあらすじ
母乳指導が始まりました。初乳はとても微量でしたが、助産師さんたちはとても褒めてくれて…。


■喜んで世話を続ける母


母は孫が生まれてくるのを本当に本当に楽しみにしていました。
独身の頃も早く結婚して子どもを産め産め言うタイプだったので、若干鬱陶しくもあったのですが、いざ産んだらそれはそれは手厚く世話をしてくれました。

こんなことになって母が落ち込んだりしないか心配だったのですが、むしろ私が動けないことをいいことに、嬉々として必要なものの買い出しに行ってくれました。

■母乳に関してネガティブな気持ちはない

母乳に対してこだわりはありません。
娘の現状を考えるとそれどころではなかったので、母乳のことまで考える余裕はありませんでした。
※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(あさのゆきこ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ