ホーム エンタメ > 非常識すぎる“おねだりママ”とどう付き合う?「ママ友との距離感難しい」と反響続々

非常識すぎる“おねだりママ”とどう付き合う?「ママ友との距離感難しい」と反響続々

子育て期間の、保護者同士(ママ友)のお付き合い。もちろん、子育てが終わってからも付き合いが続くような良き友人と出会えることもありますが、中には、関係性に悩む方もいるのではないでしょうか。

読者の体験談を漫画にした「断っても要求を続けるおねだりママ…撃退に成功したその方法とは!?」は、非常識なママ友に毅然と立ち向かったお話です。「これはキレていい話」「こんな人は友達じゃない」と、たくさんの反響がありました。



■距離感難しい……非常識なママ友にびっくり
主人公は専業主婦の綾乃さん。娘の送り迎え時に顔を合わせることの多い幼稚園のママ友と一緒にいることが増え、その中でも特に仲が良くなった3人のママ友とは家でお茶をする関係になります。





もともと人を家に呼ぶのが好きな綾乃さんは、お店と違い時間や周囲を気にすることなく、みんなと気兼ねなく話すのが唯一のリラックスできる時間に。喜んでママ友を家に招いていたのですが、数ヶ月後…、思いもよらない展開が待っていたのです。




綾乃さんの家を利用するために合鍵を“おねだり”した幸恵さん。さらには、綾乃さんの知らない友達まで呼んでくる?!



次第に幸恵さんの要求はエスカレート…!

ある日、旦那さんのリモートワークの都合で部屋が使えなくなり、マンションのパーティールームを案内したところ……。




幸恵さんの度を超えた“おねだり”をやんわりと断り始めた綾乃さん。ところが……。



いくつかの作戦に出たものの、負けずとグイグイくる幸恵さんの態度に、綾乃さんは最後の手段に出ることに。







■信じられない! 非常識な“おねだりママ”に驚きの声

読者からは、幸恵さんの自分勝手な振る舞いに驚く意見が多く寄せられました。

合鍵時点でキレていい話だと思う。 あまりにも非常識。


こんな図々しい人は住居侵入罪で訴えたほうがいいと思います!


主の留守宅に上がり込んで?考えられない非常識。レンタルルームじゃないだろ。


謎ですよね、なぜ何度も次から次と図々しいことを言ってくるのだろう? ママ友の心得って教科書つくってもらいたい。


こういう人は即疎遠。周りにどう思われてもかまいません。こういう人はどーせいつか皆に嫌われるから。


■私も経験あり! 困ったママ友エピソード

実際に非常識なママ友との縁を切った、自分だけじゃないんだなという経験談も 。

こんな人友達じゃないから仕事し始めたってことにしてフェードアウト。私は下の子で途中から仕事始めて暇なママ友達から離れたらすごくスッキリした。人の悪口噂話聞きながらランチとか本当うんざり!!!!!  ましてや私のうちに入り浸って汚して行くとか最低!!!


本当に人付き合いの難しさを考えさせられます。自分にとっての非常識が相手には伝わらない。いや、伝わっていても利用するしたたかな人間って存在するんだなと。独身時代も人間関係で悩んだりしましたが、結婚してご近所さん、ママ友さんという特殊な付き合いに振り回されたり勉強させられたりします。読ませて頂いて、ああ、私だけではなくて他にも同じような人がいるんだと安心したりしています。人間関係の悩みはきっと一生ついて回るのですね。


ママ友に限らず、人間関係に悩む人は多いかと思います。同じような経験をした人のエピソードは、その悩みが解決に向かうきっかけとなるかもしれません。 子育て、家族、ママ友などの実話を漫画にした連載はウーマンエキサイトで掲載されています!


  

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ