ホーム エンタメ > 異常がみられる所を手術で切除! ガン化しているか検査すると…【妊娠中に前ガン病変が見つかった話 Vol.21】

異常がみられる所を手術で切除! ガン化しているか検査すると…【妊娠中に前ガン病変が見つかった話 Vol.21】


■前回のあらすじ
いよいよ高度異形成の手術の日。4ヶ月ぶりに病院の手術室に横になった主人公は、感慨深くなるのでした。

■切除した部分を、ガン化していないか検査!?







■子の成長を自分で見守れるのは当たり前のことじゃない!








■子宮頸がんで悲しむ人を減らすためにできること





「ガンに進行している細胞は見られませんでした」と良い結果に。

異常発覚からどんなときも頭から離れなかった不安から解放され、ここに健康でいられることを心から喜ぶのでした。

今回のことで、「子どもの成長を自分の目で見守れることは、当たり前じゃない」と気付いた夫婦。

子宮頸ガンには、予防できるワクチンも、早期発見できる方法もあります。

この病気で悲しむ人を減らすために、みんなで防いでいけたらいいですね。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

イラスト/(C)おたんこ助産師


参考:子宮頸がんとは/日本医師会
参考:子宮頸がんの予防/国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター
(おたんこ助産師)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ