ホーム エンタメ > このままでもいいかも…母の中に芽生えたこれからの暮らしへの思い【母とうつと私 Vol.44】

このままでもいいかも…母の中に芽生えたこれからの暮らしへの思い【母とうつと私 Vol.44】

■前回のあらすじ
一緒に頑張れる仲間もでき、入院生活は充実していた母。入院当初に見えていた世界がガラリと変わっていくのを感じます。

■トシヤ君が持ってきたものは…


■このままの生活でいいかも…

トシヤ君が貸してくれたCDには、母が好きなアーティストがいくつか入っていたそうです。

しかしそれが何のアーティストだったのか忘れてしまったと…(笑)

ただ、父の車の中でよく聴いていた曲が入ってるCDがあって「懐かしい!」と聴いた記憶はあると言っていました。


父の車の中で、母はDJみたいにダビングしたカセットテープをカシャカシャ入れまくって好きな曲を流しまくっていたのを覚えています。(父の車は90年代初期の古い車種だったのでカセットテープでした…)

母が色んな時代の曲をかけまくってくれたおかげで、娘の私も洋邦今昔の幅広い曲を好きになりました。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(笹川めめみ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ