ホーム レシピ > ゴーヤを食べて美肌になろう! ゴーヤチャンプルだけじゃない、万能「ゴーヤ使い切り」レシピ

ゴーヤを食べて美肌になろう! ゴーヤチャンプルだけじゃない、万能「ゴーヤ使い切り」レシピ

夏が旬の沖縄野菜「ゴーヤ」。体の毒素を排出してくれるカリウムや肌の再生を助けるビタミンCが豊富な体の中から美しくなれる栄養価の高い野菜です。

最近ではベランダ菜園でゴーヤーカーテンを作っている方も多いと思います。
ゴーヤといえばゴーヤチャンプルが有名ですが、それ以外にも佃煮や揚げ物などいろいろな食べ方があるんですよ。

そこで今回は、ゴーヤを大量に美味しく頂くことができちゃう「保存版!万能ゴーヤ使い切りレシピ」をご紹介したいと思います。
ゴーヤとグレープフルーツのエスニックサラダ

出典:E・レシピ



◆ゴーヤの佃煮かつお節香る!ゴーヤの佃煮

出典:E・レシピ


ゴーヤはチャンプル以外にもこんなに美味しいんだ!と野菜のおいしさを再認識させてくれたレシピがこちらの「ゴーヤの佃煮」です。独自の苦みがいい塩梅で白いご飯に合いますよ。出来立てよりも味がなじんだ翌日のほうが、苦みが少なくて美味しい!ゴーヤを大量に消費したい時、真っ先に作りたい一品です。



◆薄切りゴーヤのナムル薄切りゴーヤのナムル

出典:E・レシピ


ごま油とニンニクの最強タッグであるナムルは、今が旬のゴーヤにもバッチリ合います。薄く切ったゴーヤは塩もみよりもサッとゆでて苦みをとる方法がおススメです。ゴーヤのナムルを素麺に乗せて絡めながら頂いても美味しいですよ。ゴーヤのビタミンCを上手に摂って美肌になりましょう。



◆ゴーヤとグレープフルーツのエスニックサラダゴーヤとグレープフルーツのエスニックサラダ

出典:E・レシピ


苦みの効いたゴーヤに爽やかな酸味のグレープフルーツを加えて作る「ゴーヤとグレープフルーツのエスニックサラダ」は、ナンプラーとパクチーでゴーヤをエスニック風に変身させてさらりといただくことが出来ちゃいます。今話題のスーパーフードキヌアもドレッシングにプラスして、夏の日焼けしたお肌を整えてくれる、美肌になれちゃうヘルシーな一品です。



◆ゴーヤのフライゴーヤのフライ

出典:E・レシピ


ゴーヤを輪切りにして、綿も種もとらず、そのままフライにした斬新な「ゴーヤのフライ」は隠し味として、衣にカレー粉に入れるのでとってもスパイシー!これがまた冷えたビールに合うんです。栄養価の高いゴーヤなので揚げ物ですが罪悪感なしで頂けます。夏休み、小腹がすいたお子さんのおやつ代わりにもよさそうですね。



◆ゴーヤと天かすの卵炒めゴーヤと天かすの卵炒め

出典:E・レシピ


ゴーヤと卵と天かすを炒めたコスパ最強な「ゴーヤと天かすの卵炒め」は、モヤシを入れてもっとカサ増ししてもよいですね。天かすの油分がうまく絡んでとってもいい仕事をしてくれています。塩胡椒で味付けし、スイートチリソースをつけながらいただきます。焼きそばに乗せても美味しそう!暑い夏にぴったりの一品です。



◆ゴーヤ餃子ゴーヤの餃子

出典:E・レシピ


餃子を包むのが面倒な時はゴーヤにinしちゃいましょう!味噌ベースのつけだれもゴーヤの苦味と見事にマッチング。餃子のたねは少し多めに作って冷凍しておくと便利です。いつものシンプル餃子も良いですが、ゴーヤ餃子もまたビールに合いますよ。



◆豚肉とゴーヤの夏カレー豚肉とゴーヤの夏カレー

出典:E・レシピ


ゴーヤと豚肉で作る「豚肉とゴーヤの夏カレー」は、豚肉のビタミンBとゴーヤに含まれるカリウムやビタミンCで疲労回復&美肌効果に期待ができちゃうカレーです。暑い夏はスパイスが効いたカレーが無性に食べたくなりますよね。暑さに負けない体作りのためにも「豚肉とゴーヤの夏カレー」を是非!ゴーヤが旬な今食べておきたい一品です。



◆ゴーヤの天ぷらゴーヤの天ぷら

出典:E・レシピ


ゴーヤを輪切りにし、衣をつけて天ぷらにした一品は、お塩につけてサクッといただきます。ゴーヤ独自の苦味がとってもいい感じ。冷やした冷酒やビールにピッタリ。市販の天ぷら粉を使うとより簡単に失敗なく作れますよ。



ゴーヤの苦みをとる方法として、塩をふってしばらく置いておく方法がありますが、砂糖を少しだけ加えてあげることでより灰汁が抜けやすくなるので苦みも軽減します。

また軽く塩もみしたものをしばらく置いて、サッと湯通ししても苦みをとることが出来ますよ。

旬のゴーヤを美味しく食べて、暑さに負けず健康で笑顔で毎日を過ごしていきましょう!

(豊島早苗)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ