ホーム レシピ > ゆで汁をリメイクしてもう一品「モロヘイヤと鶏ささ身のゴマ和え」&「鶏ささ身のゆで汁でワカメスープ」

ゆで汁をリメイクしてもう一品「モロヘイヤと鶏ささ身のゴマ和え」&「鶏ささ身のゆで汁でワカメスープ」

独特のぬめりが特徴の「モロヘイヤ」は栄養豊富。
クセが少ないので、和え物やお浸し、スープの具など幅広い料理に取り入れやすいところがうれしいですね。

今回は「モロヘイヤ」と「鶏ささみ」「キュウリ」「大葉」や「ゴマ」を合わせた和え物をご紹介します。キュウリの歯ごたえや、大葉とすりゴマの風味で、食欲が落ちやすい暑い日も飽きずに食べられます。

もう一品、鶏ささみの「ゆで汁」をリメイクした「ワカメと卵のスープ」もご紹介しています。ゆで汁に「昆布」を合わせ「ワカメ」と「溶き卵」を合わせた優しい味わいのスープです。

■モロヘイヤと鶏ささ身のゴマ和え ワカメスープ

調理時間 15分

モロヘイヤと鶏ささ身のゴマ和え ワカメスープ

レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
キュウリ 1本
塩 適量
モロヘイヤ 1/3〜1/2袋
鶏ささ身 1本
水 400ml
酒 大さじ1
大葉 2〜3枚
すり白ゴマ 小さじ1
<ワカメスープ>
昆布 3〜4g
ワカメ(干し) 大さじ1
溶き卵 1個分
塩 適量

<下準備>
・鶏ささ身は筋を引く。鍋に水と酒を入れて強火にかけ、煮たったら鶏ささ身を入れて火を止め、鍋に蓋をして余熱で火を通す。ゆで汁はワカメスープ用にとっておく。


・ワカメはたっぷりの水で柔らかく戻し、水気を絞る。大きければザク切りにする。

・大葉は軸を切り取り、細切りにする。

<作り方>
1、キュウリは両端を少し切り落として長さ半分に切り、さらに縦半分に切って斜め薄切りにし、塩で和える。


2、モロヘイヤは葉を茎からちぎって分け、熱湯で30秒ゆでて冷水に放ち、水気を絞る。


今回使用したモロヘイヤの葉は約50枚です。


3、(1)に鶏ささ身を手で細かく裂きながら加え、モロヘイヤ、大葉、すり白ゴマを加えて和え、器に盛る。


キュウリから出る水分は絞らないことで、他の食材に味が付き、しっとりと仕上がります。味をみて薄ければ塩で調味してください。


4、鶏ささ身のゆで汁に昆布を入れて中火にかけ、煮たったら昆布を取り出してアクを取る。


5、ワカメを加え、溶き卵をまわし入れて火を通し、塩で味を調えて器に注ぎ入れる。




残暑が厳しい季節。
栄養価が高い料理で健康的に乗り切りたいですね!

(保田 美幸)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ