ホーム 子育て > 娘が濃厚接触者!? その時わが家のすべき対応は…? 〜家族が濃厚接触者になった話(1)〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第133話】

娘が濃厚接触者!? その時わが家のすべき対応は…? 〜家族が濃厚接触者になった話(1)〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第133話】

※感染症は時期や地域、ウイルスの種類によって対応が異なる場合があり、すべてのケースに当てはまるものではありません。感染した際は各自治体のルールに基づいて行動してください。


ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、いつリバウンドが来るのか、このまま落ち着いてくれるのか、まだまだ油断できない日々が続きますね。

私自身の話だと、隣町で感染者が出ただとか、市内で感染者が出たなど、周囲の話はよく聞きましたが、実際のところは感染した人に出会ったこともなく、少し油断していたのはあったかもしれません。

そんなわが家にも、リアルにコロナの影がやってきた話です。

とある平日、幼稚園から電話が…!

次女オコメが、「濃厚接触者」となりました

とにかく、びっくりしました。

そしてじわじわと、「とうとう来たか…」という気持ちに。

毎日の感染対策もあり、意識はしながらも、実際はどこか“ひとごと”だった話が、一気に身近になったというか。

本当にいつかかってもおかしくないんだと実感しました。

オコメが濃厚接触者に! え、どうしよう…?

幼稚園や保健所からも、「なるべく家庭内の感染を避けるため、濃厚接触者との隔離を」と言われましたが…。

無理よね!?

続きます。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。
※2021年9月のお話です。この体験記の時期とは、ウイルスの種類や感染力も変化している可能性があります。最新のウイルスの情報や、感染予防対策をご確認ください。
参考:新型コロナウイルス感染症について/厚生労働省
(koyome)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ