ホーム エンタメ > 結婚後も変わらず女友達と仲が良い夫に「夫にも父親にもなる覚悟が足りない!」と読者からダメ出しコメントの嵐

結婚後も変わらず女友達と仲が良い夫に「夫にも父親にもなる覚悟が足りない!」と読者からダメ出しコメントの嵐

夫との距離が近い女友達…。何もやましいことはないと信じているけど、妻としてはモヤモヤが芽生えてしまいますよね。

今回のエピソードの投稿者の有紗さんもそのひとり。しかも、産後間もない有紗さんを傷つけた夫の行動に「夫にも父親にもなる覚悟が足りない!」「妻の産後直後にありえない!」など、ブーイングの嵐と共に有紗さんを応援するコメントが集まりました!


■夫と距離が近すぎる女友達にモヤモヤ
1歳の女の子を育てるママ、有紗さんの悩み。
それは、夫の女友達がやたら夫にベタベタくっついたり、無神経にこっちが聞きたくない話をわざわざ話してくること。


思えば、結婚式でも酔っ払って夫に甘える始末。


結婚した後はさすがにこんな心配もしなくてよくなるはず、とその時は思っていたのですが…。

■産後の妻よりも女友達を優先するの!?
結婚後も女友達と長電話をしたり、仲間内で飲みに行ったりする夫。
それでも妥協していたのですが、産後2ヶ月間の里帰りを終えて自宅に戻ったある日のこと。


有紗さんが睡眠時間を削って娘の子育てに奮闘しているというのに、夫は女友達とサシ飲みでまさかの朝帰り。


夫を問い詰めると、なんと女友達をかばう夫。
あまりの価値観の違いに、思わず有紗さんは涙してしまいます。

■もう離婚してやる!その時夫は…
夫の女友達のことで不安になんてなりたくない。
そこで、きちんと夫と話し合いをしようとするのですが夫は…。


またしても、女友達を優先。
もう我慢の限界! ついに有紗さんは夫に離婚宣告します。


さて、その後有紗さん夫婦にはどのような展開が待ち受けていたのでしょうか?

読者からも続々とコメントが押し寄せています!


■空気読んで!無頓着な夫に怒りのコメントが殺到
産後間もない妻より女友達を優先するなんて許せない!といったコメントが多数集まりました。

・妊娠出産は女性にとって心も体もとても大変でデリケートな期間です。無事元気に生まれてきてくれるか会えるまで毎日心配でしたし、産後も生活リズムが通常通りに戻るまで、また赤ちゃんとの生活に慣れるまで本当に神経がすり減らされます。こんな大事な時に、妻の気持ちに気付けず独身時代と変わらないペースの夫は、妻にストレスを与え続ける駄目人間です。産後ウツで死を選ぶママがいるくらい深刻な事なのです。それが分からない悠太は夫としても父親としても失格です。


・この旦那さん最低ですね。夫や父親になる覚悟や責任もなく結婚したんでしょうね。こういう人に限って、もし嫁が友達と飲み連絡もなく朝帰りしたら、離婚だ!とか言って自分のことは棚にあげてキレるんでしょうね。自分の友達を悪く言うな!にはドン引きしました。


・妻より大事な女友達ってどういうことなのか、旦那さんの考えは非常識だと感じました。そして女友達も、既婚男性に連絡して付き合わせるなんて非常識! これは人によっては浮気や不倫と判断されてもおかしくないです。私だったら不貞行為だと断定しますね。


・もうこの旦那さんにめちゃくちゃイライラしました。そして距離感のない女友達にも。会社の同僚がフルボッコにしてくれてスッキリ。こういう女友達って、同性の友人いないんだろうな、それをサバサバして男っぽいから、とか勘違いして男友達としかつるめない。ただ単に超絶無神経なだけですけどね!


・うちの夫も女友だちと堂々と2人で飲みにいったりしてました。やましいことはないからとそれはもう堂々と。この方のイライラする気持ちよくわかります。そして、信じてあげたい気持ちもわかります。やはり夫婦は話し合いが大事なことかなと思います。


・モヤモヤしか残らないです…。付き合ってる時から産後に至るまで良く何も言わずに過ごして来たなと思います。こう言う男性は「やましい事はなにもない」と決り文句の様に言いますが、もうすでに目の前でやましいことしてますよね。ベタベタ体に触れたりくっついたり、奥さんそっちのけで楽しんだり。これが男友達だったとしても気分悪いよね。もし奥さんが同じように男友達と目の前でベタベタしてたらどう思うのか 結婚する前に解決しておくべき事だよこれは。そんなに大切ならその女友達と付き合うなり結婚するなりしたらどうですか?


■我が家のあるある夫婦問題
読者の「もう我慢できない!」といった夫婦の危機コメントも。

・小さい息子が2人いますが、最初は旦那は全く協力してくれませんでした。仕事終わりは職場の人と話し込んでたり、一緒にゲームしてきたりして帰りは遅いし、家ではひたすらゲームしてました。子どもが生まれて間もない時期でも飲み会やらで夜中帰り。子どもの面倒はせいぜいお風呂ぐらい。ストレス溜まりまくりでやばかったです。


・うちと似てるなと。我が家では女友達に当たる人が共通の知人であるが故に文句を言うことも出来なかった。やっとのことで嫌だと伝えたら「お前にとやかく言われる筋合いはない」と。この夫婦はうまく落としどころを見つけられたようですが、我が家は普段は距離があるのでフェードアウトしているが、年賀状、飲み会、ことあるごとに接触があるので、その度に私が全身じんましんやめまい、過呼吸などの体調不良に襲われる。我慢も20年に達しているが出口が見えない。


・夫の同僚の女がやはり常識外れな時間にLINEしてきたり、ハート付のスタンプや絵文字を送ってきて大喧嘩になりました。黙って2人で食事に行ったこともバレて。何度もそういうのは嫌だ、逆の立場ならどう思うかなど話をしたけど平行線。ついには、夫はスマホのパスコードを変える始末。でもすぐにパスコードは判明したので、今は黙って泳がせて、LINEだけでなくメール、通話履歴、GPS履歴などを写メにとって証拠集めしてます。同時にプチ復讐もしています。


・私が死産したとき元夫は友達との約束だからと海外旅行に行きましたよ。自ら行かない決断はせず、どうするべき〜?と聞いてくるので自分で判断してと答えたところ、じゃあ行く〜!となりました。まさか我が子が死に、嫁の回復がまだで通院中の時に、こういう決断をする神経が分かりませんでした。私が行くなと言わなかったので行った、行ったことを責めるな!とキレられ離婚しました。元夫はこのエピソードの旦那さんように、夫にも父親にもなる覚悟なく結婚した男の典型だと思います。元夫の口癖も、俺の友達・家族を嫌うな!悪く言うな!でしたよ。


本当に夫の無神経さにはやれやれ…なママも多いのではないでしょうか。有紗さんの夫はいかに? 気になる連載はウーマンエキサイトに掲載されています!


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ