ホーム エンタメ > 食事やスケジュール管理に民間療法…叔母夫婦の闘いが始まった!【鼻腔ガンになった話 Vol.65】

食事やスケジュール管理に民間療法…叔母夫婦の闘いが始まった!【鼻腔ガンになった話 Vol.65】

※この記事は筆者の体験談です。今から20年ほど前の出来事で、ガン治療やホスピスについての一般的な考え方・対応は現在とは異なります。
■前回のあらすじ
ステージ4の大腸がんが発覚した叔母。手術はせず抗がん剤治療のみをする病院の方針を受け、叔母夫婦は考えに考えた結果、「ガンと闘う道」を選ぶのでした。

■退院したじゅんちゃんの家に行くと…







誰かのために何かできるってこと自体幸せなことなんだと思います。

じゅんちゃんが退院して数日後、私は「じゅんちゃんを助けたい!」という強い思いで叔母夫婦の家を訪ねました。


■すべてはじゅんちゃんのため






おじちゃんは仕事や家事をしながらも、一日の予定表を作り、食事も有機野菜やガンに良いと言われている食材などを使い、民間療法にもじゅんちゃんを連れて行くことに。

すべてはじゅんちゃんのことを思ってのことでした。

※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の叔母の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(やよいかめ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ