ホーム 子育て > “頑張る自分”を手放せる? 夫婦が対等であるために【パパの育児力アップを目指して Vol.13】

“頑張る自分”を手放せる? 夫婦が対等であるために【パパの育児力アップを目指して Vol.13】

■前回のあらすじ
これまでのことを振り返ってみると、今まで夫の思いや自分の気持ちを大切にできていなかったことに気付きました。

■夫婦がお互い対等であるために…






■夫をもっとたくさん頼っていきたい




昔から人に甘えたり頼ったりすることがとても苦手でした。人に弱みを見せることも少なかったと思います。夫はそんな私と正反対で、めちゃくちゃ甘え上手で、婚前は自堕落な生活を送っていました。

そんな彼に対して「私がなんとかしなくちゃ」と謎の責任感を抱き、結婚後私のその特性はさらに強くなったように思います。

でも、今回のことがきっかけで「やりたい気分じゃない」「今日は疲れた」という理由で夫に投げてもちゃんと受け止めてくれることを実感し、心に余裕ができたように思います。

“頑張る自分”でいることが自分を保つ唯一の誇りに思っていたので、気を抜くのが怖かったのですが、抜いてみたらなんと気持ちの楽なこと…!

これからは余裕のあるドンと構えた母でいたいなぁと思う今日この頃です。

お読みいただきありがとうございました!
(たままま)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ