ホーム レシピ > ブーケのような形が印象的。冬の野菜「ターサイ」はどうやって食べたらいいの?

ブーケのような形が印象的。冬の野菜「ターサイ」はどうやって食べたらいいの?

冬になると、スーパーや八百屋さんでよく見かけるようになった、ブーケのような形が印象的「ターサイ」。

(c) tang90246 - stock.adobe.com



「ターサイ」は、中国のお野菜でチンゲンサイの仲間なんですよ。
栄養価も高く、カロテン、ビタミンB、そしてカルシウムがとっても豊富な緑黄色野菜です。見た目に比べてクセが少ないので、炒め物やおひたし、そしてスープなど、様々なお料理に向いている便利な野菜なんです。

ターサイは、主に静岡や茨城、千葉など関東圏で生産されているので、昔に比べてグッと身近になりました。

そこで今回は、気になる野菜「ターサイ」のレシピと便利な保存方法をご紹介したいと思います。

■ターサイの保存方法について

・冷蔵庫で保管する場合

冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙などに包んで保存袋に入れます。
野菜室に入れる場合は、立てるように入れておきます。

・冷凍庫で保存する場合

ターサイを切り、一度サッと油で炒めます。
炒めてからラップで小分けにして保存しておくと約1ヶ月程度保存ができます。




葉物野菜のターサイは、冷凍保存ができるのが嬉しいですよね。
一人暮らしの方でも、お安い時にたくさん購入して、スープやお味噌汁など、パッと出せてすぐ使えるのでとっても便利ですよ。

■ターサイで作る簡単美味しいレシピをご紹介します!

・ホタテとターサイの炒め物

ホタテとターサイの炒め物

出典:E・レシピ


栄養価の高いターサイを丸ごと一株使って作る「ホタテとターサイの炒め物」は、ホタテの甘みとターサイの優しい甘味がドッキングした見事な一品です。鶏がらスープの素とオイスターソースの旨味も合わさって白いご飯がどんどん進んじゃいますよ。
パパッとできる炒め物は忙しい日に本当に便利です。おまけに栄養価も高い野菜なので、時間がない時にもオススメです。



・納豆キムチ素麺 ターサイと大根おろし添え

納豆キムチ素麺 ターサイと大根おろし添え

出典:E・レシピ


免疫力を高めてくれる納豆とキムチに、炒めたターサイをプラスして素麺に乗せた「納豆キムチ素麺」。栄養価も高く簡単に作れるのが嬉しいですよね。今回は素麺に乗せていますが、白いご飯に乗せてビビンバのように混ぜながらいただいても美味しそう!ターサイが手に入ったら是非作ってみていただきたい一品です。



食べることで身体は構成されていきます。
毎日の献立作りや調理はとても大変ですが、栄養価の高い旬の野菜を使うことで不足しがちな栄養素を補う事ができますよ。
これから年末年始に向けて忙しくなります。無理せず日々を乗り切っていきましょう!

(豊島早苗)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ