ホーム レシピ > 冷え込む日はスープにしよう!ワールドワイドな「世界のスープ」で体を温めよう

冷え込む日はスープにしよう!ワールドワイドな「世界のスープ」で体を温めよう

朝晩グッと冷え込むようになりました。寒くなってくると、食べたくなるのがホッと一息、心も体もしっかり温めてくれるスープです。

日本を代表するスープといえば、やっぱりお味噌汁!発酵食品である味噌を使って作る味噌汁は、地方によって味噌が違ったり、具材が違ったり日本各地を見てもその違いが面白いですよね。

世界に目を向けてみると、世界三大スープと言われているのは、フランスのブイヤベース、タイのトムヤムクン、そして中国のフカヒレスープと言われています。

(c) CHZU - stock.adobe.com



なかなか海外旅行に行けない今、世界各国のスープをご家庭で食べてたい気分になりませんか?

そこで今回は、世界のスープをおうちで楽しめるワールドワイドなレシピをご紹介したいと思います。スープで世界旅行!楽しんで作ってくださいね。

■「世界のスープレシピ」ヨーロッパ編

・簡単ブイヤベース

簡単ブイヤベース

出典:E・レシピ


エビやアサリやイカなどたっぷりの魚介類をトマトジュースでコトコト煮込んだ、世界三大スープのフランスの「ブイヤベース」。魚介の出汁がトマトスープに染み込んでとっても美味。バケットを浸しながら頂いたり、パスタに絡めたりしても美味しいですよ。



・ポトフ

シンプルポトフ

出典:E・レシピ


フランスの家庭料理「ポトフ」。材料を大きくダイナミックに刻んだら、あとはコトコト煮込むだけ。レシピでは鶏肉を使っていますが、豚バラ肉やソーセージでも美味しく作れます。大きなお鍋でたくさん作るのがポイントです。



・ビスク

濃厚エビのビスク

出典:E・レシピ


有頭エビの殻も頭も食材を全て使う、エビの濃厚な美味しさがたまらない、フランスの「ビスク」は、塩味の効いたクラッカーとの相性は抜群です。
本格的な味わいに仕上げるためのポイントは
・エビの殻にじっくり火を通すこと。旨味が溢れ出て、濃厚な味わいに仕上がります。
・スープをミキサーにかける際は、お使いのミキサーの説明書に従って下さい。スープが熱すぎる場合は、粗熱をとってからミキサーにかけることをおすすめします。
おうちでビスク。寒い冬にオススメですよ。



・オニオングラタンスープ

飴色玉ネギのオニオングラタンスープ

出典:E・レシピ


じっくり炒めた玉ねぎが美味しい、フランスの「オニオングラタンスープ」。クリスマスで買っておいたバケットが少し残ったら是非作っていただきたい一品です。寒い日の朝ごはんにも良いですね。



・ミネストローネ

ミネストローネ

出典:E・レシピ


玉ねぎ、ニンジン、セロリにキャベツ。残った野菜も一緒に刻んでベーコンとトマトの水煮缶で煮込んだ、イタリアの「ミネストローネ」。食べる直前に、エクストラバージンオリーブオイルと粉チーズをかけてあげるとより美味しくなりますよ。



・ボルシチ鍋

ボルシチ鍋

出典:E・レシピ


極寒地域ロシアのお味噌汁的存在なのが「ボルシチ」です。牛肉の旨味とビーツの甘味が冷えた体に染み渡るスープです。最近ビーツもカルディやコストコで入手できるのでグッと身近になりました。ビーツは鉄分がとっても豊富なので、貧血予防にも最適ですよ。



・ガスパチョ

スペイン風冷製スープ ガスパチョ

出典:E・レシピ


こちらはスペインの冷たいスープ「ガスパチョ」。暑い季節に是非作って頂きたいビタミンたっぷりの美肌スープです。



・モロッコ風ヒヨコ豆のスープ(ハリラ)

モロッコ風ヒヨコ豆のスープ

出典:E・レシピ


「ハリラ」はモロッコの伝統的なスープです。ヒヨコ豆のホクホク食感と、シナモンパウダーとクミンパウダーの香りが食欲をそそります。たっぷり野菜で栄養価も抜群です。



■「世界のスープレシピ」アメリカ編

・クラムチャウダー

クラムチャウダー

出典:E・レシピ


アメリカを代表するスープといえば「クラムチャウダー」ですよね。この「クラム」は英語で二枚貝のことを指しています。白いスープのイメージが強いクラムチャウダーですが、マンハッタン発のトマトベースのクラムチャウダー、マンハッタンクラムチャウダーもあるんですよ。クラッカーと一緒にいただく事が多いクラムチャウダーですが、大きなパンをくり抜いて、そこにスープを入れるスタイルのものもあるので、知れば知るほど面白いですよ。



・鶏とオクラのトマトスープ(ガンボ)

鶏とオクラのトマトスープ

出典:E・レシピ


アメリカのルイジアナ州の「ガンボ」。ガンボとはオクラのことなんです。オクラはアジア圏で食べられているイメージが強いので、意外な組み合わせですよね。この「鶏とオクラのトマトスープ」はオクラのとろみがねっとり美味しい!美味しく作るポイントは少し濃い目の味付けにすること。ご飯にかけていただくのがオススメですよ。



■「世界のスープレシピ」アジア編

・エスニックスープ(トムヤムクン)

エスニックスープ

出典:E・レシピ


世界三代スープの一つであるタイの「トムヤムクン」は、酸味、旨味、甘味など、全ての味覚を刺激してくれ、複雑な味が混じり合っているのに、見事な一体感を味わえる見事なスープです。合わせスープは酒、砂糖、米酢、レモン汁、しょうゆ、ナンプラー、チキンスープの素、豆板醤、ショウガが入ります。おうちにある材料で作れるトムヤムクンなので、気軽にあの味を味わう事ができますよ。



・ユッケジャンスープ

ユッケジャンスープ

出典:E・レシピ


牛肉の旨味と豆もやしが美味しい、韓国の「ユッケジャンスープ」。牛肉を焼肉のタレで揉み込んで作るので、本格的な味わいなのに調理時間なんと10分で完成です。豆もやし以外にも、ゼンマイやにんじんなど色々入れても美味しいですよ。雑炊スタイルにしたり、うどんを入れたり、主食にもなるスープレシピです。



・大根とショウガのスープ(蘿蔔湯)

大根とショウガのスープ

出典:E・レシピ


大根とショウガで作る台湾の屋台のお味「蘿蔔湯」(ルオボータン)。鶏肉がなくても鶏ガラスープの素があればOKです。血行を良くし、体を温めてくれるショウガと冬が旬の大根を合わせた優しいスープ。病中病後にも良いですね。



・鹹豆漿(シェントウジャン)

5分で完成!台湾の朝ごはん鹹豆漿(シェントウジャン)by山下和美さん

出典:E・レシピ


大人気の台湾の朝ごはん「鹹豆漿」(シェントウジャン)がなんとびっくり5分で完成しちゃいます。大豆イソフラボン豊富な豆乳がたっぷり入って美容にも◎。お酢の効果でフワフワトロトロの食感になりますよ。油麩がない場合はフランスパンで代用可能。寒い日の朝にオススメですよ。



・チキンとサツマイモのココナッツスープ(ラクサ)

チキンとサツマイモのココナッツスープ

出典:E・レシピ


鶏肉とさつまいもをナンプラーとココナッツミルクで作る、シンガポールのラクサ風スープ。茹でた素麺を絡めながら頂くのも◎!ココナッツミルクのマイルドさがクセになる美味しさです。



12月23日はスープの日。
ワールドワイドな世界のスープで心も身体もしっかり温めてくださいね。

2021年もあとわずか、風邪やウイルスに負けない体を作って、共に乗り切っていきましょう!

(豊島早苗)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ