ホーム エンタメ > 自分が家族の中心でいたい…! 子どもが生まれてからおかしくなった義姉の末路に読者の反応は?

自分が家族の中心でいたい…! 子どもが生まれてからおかしくなった義姉の末路に読者の反応は?

義姉が先に出産…その後に妊娠した投稿者さんに、義姉は嫌がらせをしてきます。なぜそんなことをされるのか理解できない投稿者さん。義姉の真意は…? 

■ん…何かがおかしい?
夫の誠とは結婚して2年が経ちますが、子どもはまだ授かっていません。義父母は優しく、親戚づきあいも順調でした。ところが、40歳になる義兄が結婚し、義兄夫婦に赤ちゃんができた頃から、それまで仲の良かった親戚間に、不穏な空気が漂い始めたのです…。

沙紀さんはつわりが激しいことや妊娠で同僚から冷たく扱われるということで退社。
そんな沙紀さんを義母さんはとても労り、大事にしていました。
そして待望の赤ちゃんが誕生。
すると…。

何もお祝いの席であんな言い方しなくても…強烈な沙紀さんのお母さんと、そのお母さんの前で硬くなる沙紀さんの様子に違和感を覚えました。
それからは、不妊治療と仕事の両立での忙しさもあり、義実家に行く回数は少なくなっていきました。
そんなある日のこと。

沙紀さんの態度や発言は少し気になりましたが、それ以上に達人くんの可愛さに私はメロメロになっていました。


■凶行に走る義姉の行動はエスカレート

出産経験のある沙紀さんからまさかこんな不吉なことを言われるとは思いもしませんでした。
それからというもの、沙紀さんの様子は次第におかしくなっていきます…。

クリスマスプレゼントとして、お下がりの服が届いたり…

毎日のように達人ちゃんを義実家に預けて、自分は出かけてしまったり。
そして、一人になることの増えた達人ちゃんもまた、様子がおかしくなっていくのでした。


そしてさらには、義母には具合が悪いと達人ちゃんを預けていたにも関わらず、義兄にはまったく伝えていなかったことが発覚。


沙紀さんから送られてきた荷物は、これまで私が達人くんのために贈っていたプレゼントでした。
それらのプレゼントがすべて壊され、箱に詰められていたのです…。
沙紀さんの悪意は完全に私に向かっていました。

歯止めの効かない沙紀の凶行。
いったい、なぜ沙紀は愛理に悪意をぶつけてくるのでしょうか。

こちらのエピソードに読者の反応は…?

■親から愛されなかった子の闇…同情するところもあるけれど読者からは厳しい声が
沙紀は優秀な兄たちと常に比較され、のけ者にされ育ってきました。家族の中で一番になりたかった沙紀は、それを脅かす存在の愛理や、娘の麻里に悪意を向けたのでした。毒親に育てられた沙紀に寄せられた、同情の声をお届けします。

・親から愛されなかった子は大人になってからも誰かの一番になりたいと願う…それが夫じゃ駄目だったんでしょうか…。少しせつなくなりました。

・特別でありたい、一番でありたいと想う気持ちは誰もが抱きかねないものだと思いました。愛情や幸せを知らずに育った人は、愛情や幸せに気づくこともできず、常に心が枯渇してしまっているのかな? 愛し方もわからなくなってしまうのかな。

・私の知人もこんな人でした。自分が一番じゃなければ気が済まないので、本当にものすごく面倒くさかったです。彼女の親は兄の方を可愛がり、顧問は他の部員を可愛がり、一番でいたいのに周りの評価が思うようにならず、自己肯定感が著しく低くなってしまったのでしょうが、それでも自己中のまま生きていいはずがありません。彼女も沙紀さんも同情こそしますが、もっとしっかり客観的に自分と向き合って、自己肯定感を高めてもらいたいと思いました。


沙紀の愛理への悪意の向け方は理解に苦しみますが、実際に似た経験をした方もいました。

・「こんな人いる?」って思いますが、実際けっこういると思います。この義姉には悪意があるのですが、実は全く悪意なくこういう発言する人もいてもっと厄介。けっきょくは、相手を変えることなんてできないので、自分がどう対応するかだと思います。いい人を演じると、必ずハッピーにはならない。

・似たよう話を友達からも聞いたことがあります。その度に兄弟とは何だろう? 私達夫婦はお互い一人っ子同士だから気楽でいいな〜と思います。友達はいっそのこと、兄弟なんていらないよ!と愚痴をこぼしていたのを覚えています。


さんざん嫌がらせをされてきた愛理ですが、周囲にはそれを言いませんでした。また、達人ちゃんの様子を変えてしまったことに責任すら覚えるのでした。

・愛理さんがどうしてこんなに周囲に謝るのか理解ができません。悪いのは義兄夫婦であり、2人が家族に対して謝罪するのが筋ですよね。愛理さんも義母も、オロオロして涙を流して謝りまくるという姿勢が他者を勘違いさせるのでは?と思いました。

・愛理さんはなんでもっと早くに周りに相談しなかったのか疑問です。もっと早くに対応をとれていたら甥っ子もあんな感じにはならなかったんじゃないかと思います。代わりに面倒を見ると言ってもずっとはできないんですから、根本を解決できずにその場しのぎで中途半端に関わるのは無責任です。


沙紀の実家の事情を知っているはずの夫の対応に問題がある、という指摘も。

・沙紀さんの場合の、愛されて育っていないから愛し方がわからないというのと、子育てを義妹や義母に任せて、自分は何もしないのはなんか違う気がします。ただ単に母性がないだけ。できないから、任せて、愛されたいなんて、嫌なことから逃げてきただけな感じ。旦那も悪い。

・たしかに義姉には問題ありでしたが、向き合うべきだったこの方の旦那さんにも問題はあったのではないでしょうか? 義姉のご実家の事情を唯一知っていた彼が向き合わなかったのは残念です。愛理さんは善意でいろいろお世話していたのはわかりますが、干渉し過ぎではないかなあとちょっと思ってしまいました。廻りの皆さんはもちろん正しくて良い方ばかりなのはわかりましたが、正しいことばかりが果たして正解なのか、私は疑問です。

愛され方のわからなかった沙紀。同情するところもありますが、一方的に悪意をぶつけられた側からしたら、理不尽なこと、この上ないですよね…。ウーマンエキサイトでは、親戚トラブルにまつわる漫画を多数紹介しています。ぜひご覧ください!


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ