ホーム エンタメ > 「お母ちゃんボーズにしてもいい?」髪型の相談を子どもにすると…【いってらっしゃいのその後で Vol.9】

「お母ちゃんボーズにしてもいい?」髪型の相談を子どもにすると…【いってらっしゃいのその後で Vol.9】


この漫画は書籍『いってらっしゃいのその後で』(著書 ツルリンゴスター)の内容から一部を掲載しています(全9話)。




子どもたちの手の届かないところは、母が飾ります。




母だけど、自分らしく。好きな髪型をして、自分の時間だって楽しみたい。
好きな髪型にしたら、次男の入学式に着ていく服選びだって、ますます楽しみになってきました。

『いってらっしゃいのその後で』
著者 ツルリンゴスター (KADOKAWA) 1,210円 (税込)


Twitterで人気の作家・ツルリンゴスターさんが送る3人の子ども(長男小学3年生、次男小学1年生、長女3歳)を育てながらも「こうあるべき」に縛られない暮らしに、フッと心が軽くなる家族コミックエッセイ。子どもを慌ただしく送り出した朝。ひとりになって一番自分らしい瞬間に感じた日々の小さな出来事を綴ります。


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ