ホーム ダイエット・ボディケア > 実はできやすいんです!痛い「背中ニキビ」の原因と対処法とは

実はできやすいんです!痛い「背中ニキビ」の原因と対処法とは

背中ニキビが痛くなった経験はありませんか?背中ニキビは他の部分より目が届きにくいため悪化しがちで、かつ症状が進行しやすいといいます。腫れるなどの悪化の兆候が見られたら、早めに医師のチェックを受けましょう。

他の部分より悪化しやすい背中ニキビ

自分の背中をまじまじと見る機会は、お風呂あがりでもあまりないのではないでしょうか。しかし、服で擦れて刺激を受けやすく角栓がつまってニキビができやすい背中こそ、こまめに確認すべき部分なのです。

背中のニキビが痛みやすい原因は、背中という場所の問題が大きいと言えます。顔と違い背中には目が届きにくいため、ニキビができていることや、状態が悪化することに気付きにくいものです。そこで、すでに症状が進行してから、痛みやかゆみを感じて初めてニキビに気がつくということが多くなります。

引用:スキンケア大学

炎症で痛くなりやすい背中ニキビ

背中は他の体の部分よりも皮脂が多く分泌され、角質も厚くなりがちなので、ニキビができやすい場所です。できたニキビが悪化して炎症すると、痛みが発生しやすいのです。

ニキビが痛くなる原因は、「炎症」によるものと考えられます。炎症を起こしているニキビは、赤ニキビと呼ばれ、文字通り赤くなっています。また、背中は常に下着や洋服などの摩擦にさらされていることも、痛みが生じる要因のひとつと言えます。

引用:スキンケア大学

抗生物質で鎮められる炎症

ニキビの炎症を抑えるには抗生物質の投与という方法もありますが、今後ニキビができにくいようにする取り組みも大切です。そのためには、ストレスや便秘の解消、食生活の見直しなど内部からのケアを行いましょう。

背中ニキビが痛む場合には、その原因と考えられる「炎症」を抑える抗生物質による治療が一般的です。この方法は、対症療法としてはある程度の効果が期待できますが、長期的に考えると、その効果は限定的だと言えます。

引用:スキンケア大学

背中のチェックは定期的に

背中ニキビの悪化は、目が届きにくい部分であるという理由もあるため、自分で定期的にチェックすることも大事な習慣です。ニキビができやすいと自覚したら、ニキビを防ぐためぜひこまめに確認しましょう。

シェア Google+

関連記事

P R