ホーム レシピ > 優しい味わい「白菜と白インゲン豆のスープ」まろやかな甲州ワインをチョイス【ワインと料理 ペアリングの愉しみ】

優しい味わい「白菜と白インゲン豆のスープ」まろやかな甲州ワインをチョイス【ワインと料理 ペアリングの愉しみ】

今回は「白菜と白インゲン豆のスープ」のレシピをご紹介します。
白菜と白インゲン豆の甘みが感じられるスープです。刻んだソーセージのうま味と食感がアクセントに。ボリューム感があり、寒い日の主菜にもおすすめです。




■白菜と白インゲン豆のスープ

調理時間 30分
レシピ制作 保田美幸



白菜と白インゲン豆のスープ
白菜と白インゲン豆のスープ

【材料】(4人分)

白菜 1/4個
白インゲン豆(水煮缶) (1缶400g) 1缶
ソーセージ 2本
<スープ>
ゆで汁(鶏肉) 250ml
水 250ml
ローリエ 1枚
塩 適量
粉チーズ 適量


【下準備】

1、白インゲン豆は軽く水洗いし、ザルに上げて汁気をきる。(正味1缶250g)


【作り方】

1、白菜はザク切りし、ソーセージは粗く刻んで鍋に入れ、<スープ>の材料を入れて強火にかける。

白菜と白インゲン豆のスープの作り方1

2、煮たってきたら大きく混ぜ、全体が煮たったら弱火にしてアクを取り、鍋に蓋をして20分蒸し煮にする。

ゆで汁は鶏ハムのゆで汁を使っています。無い場合は水500mlとチキンスープの素小さじ1で代用してください。

白菜と白インゲン豆のスープの作り方2

3、白インゲン豆を加えて温め、味をみて薄ければ塩で調味する。

白菜と白インゲン豆のスープの作り方3

4、器に盛り分け、粉チーズを振る。




・ペアリングに「甲州ワイン」をチョイス


今回はペアリングに樽を通した甲州ワインを合わせました。甲州ワインのもつ柑橘系のシャープな酸味が樽を通すことでまろやかになり、白菜と白インゲンの甘み、そして仕上げの粉チーズとよく合います。



▼今回使用したワイン情報

【商品名】 樽熟甲州
【生産者】 イケダワイナリー
【種類】 白ワイン
【品種】 甲州
【風味】さわやかな柑橘系の香りが感じられるやや辛口なワイン。古樽熟成の落ち着いた風味で和食にもよく合う。フレッシュな香りを楽しむために冷やして飲むのがおすすめ。
【アルコール度数】 12.5%
【産地】 山梨県甲州市勝沼町



(保田 美幸)
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ