ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 紫外線は車内にも届く!車に乗っているときの日焼け対策とは?

紫外線は車内にも届く!車に乗っているときの日焼け対策とは?

紫外線は、シミやたるみなどさまざまな肌トラブルの原因になります。部屋の中にいても紫外線の影響を受けることがあります。車内にいる場合も日焼け対策をしましょう。

短時間でも紫外線の影響を受ける

車内であれば、紫外線の影響を受けにくいと考えている人もいるでしょう。紫外線はガラスを透過するため、車内にいても紫外線による影響を受けてしまうといわれています。また、短時間であればそれほど影響がないと思っている方もいるかもしれませんが、たったの10分でも肌はダメージを受けてしまいます。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、肌に与える影響が異なります。UV-Aは肌の真皮にまで届き、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを変性させたり、肌が持つ保湿機能などを低下させたりします。このUV-Aは、シワやたるみの原因となります。

次にUV-Bですが、UV-BはUV-Aよりもエネルギーが強く、シミやソバカスの原因になります。

引用:スキンケア大学

UVフィルムなどを利用する

紫外線の影響を少しでも和らげるために、UVカットガラスが使用された車を選ぶことをおすすめします。UVカットガラスではない車を選ぶのであれば、UVカットフィルムをガラスに貼りましょう。

UVカットフィルムには、いくつかのポイントがあります。そのひとつとして、「明るさ」があります。「明るさ」の割合を示した透過率が低いほど、濃度が濃くなり、暗くなります。赤外線カットとしては、日射しから感じる暑さを和らげ、エアコンの効率が上げます。

引用:スキンケア大学

手軽にできる日焼け対策

車の中にいるときに日焼けをしやすい部位は、手と腕です。そのため、これらを覆うアームカバーや手袋を使用することをおすすめします。ただし、それだけでは紫外線を完全にカットすることはできないので、日焼け止めクリームを塗りましょう。また、紫外線対策に繋がる栄養を十分に摂取することも大切です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食物を紹介します。紫外線の強い時期に育つ果物は基本的に皆この栄養素が多いもの。特にビタミンC

が多く、美白に効果のある食べ物として挙げられるのがトマトです。トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富。中程度の大きさのものを2個摂取すれば1日のビタミンACEの摂取量の半分以上が補えるという優れものです。

引用:スキンケア大学

車内でも日焼け対策をしよう

紫外線はガラスを透過するので、普段と同様に日焼け対策をすることが大切です。紫外線は短時間で肌に影響を及ぼすので、短時間の外出や運転の際にも日焼け対策をしましょう。

シェア Google+

関連記事

P R