ホーム レシピ > 甘くないイチゴをおいしく! レンジで簡単イチゴジャム

甘くないイチゴをおいしく! レンジで簡単イチゴジャム


(c) Ansize - stock.adobe.com


傷みかけのイチゴ、安いけど甘くないイチゴは、レンジで簡単にジャムにしてしまいましょう! レンジでジャムを作るコツは、「ラップをしない」「大きい容器」「時間は何回かに分ける」の3つ。

まず、イチゴの余分な水分を飛ばすため、ラップは不要です。電子レンジにラップをせずに食材を入れると、鍋やフライパンで調理するように水分が飛びます。

そしてレンジジャムの最大のポイントは、大きめの容器。イチゴをレンジで加熱すると、かなりブクブクと沸騰します。泡がもこもこ盛り上がってくるので、大きい容器は必須です。

初めて作る場合は、ふきこぼれがないよう、見守っておくとよいでしょう。もしふきこぼれそうになったら、即座にレンジを止めてください。そうすると、泡がすぐにしぼみます。

同じ理由で、レンジにかける時間は小分けにします。連続でかけてしまうとふきこぼれる確率が高くなってしまうので、面倒でも都度、レンジの扉を開けてください。

■レンジで簡単イチゴジャム

調理時間 5分


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子


<材料(作りやすい分量)>
イチゴ 100g
砂糖 30g
レモン汁 小さじ1

<作り方>
1、イチゴは2〜4等分に切る。

2、大き目の耐熱容器に1と砂糖、レモン汁を入れる(混ぜなくてよい)。

3、ラップをしないで、600Wの電子レンジで約1分半加熱する。

4、一度レンジの扉を開け、再度600Wで約1分半加熱する。

5、再度レンジの扉を開け、600Wで約1分加熱する。

私はいつも少量(レシピの分量)で作るので、イチゴを切るところから始めて、5分程で調理完成です(冷ます時間は除く)。

また、甘さは控えめにしています。通常ジャムは、果物に対して50〜100%の砂糖を加えますが、今回は30%。なので、お好みで砂糖を増やしていただいてもOKです。

(長 有里子)
タグ
シェア Google+

関連記事

P R