ホーム メイク・コスメ・スキンケア > しっかり寝ているのに「クマ」が…。“疲れ目女子”へのケアメソッドを伝授

しっかり寝ているのに「クマ」が…。“疲れ目女子”へのケアメソッドを伝授

なんで出てきたの?目の下「クマ」の原因

一気に疲れた印象をつくってしまうやっかいな「クマ」。しっかり寝ていても、なかなか取れないってことありますよね。それもしかしたら、血行不良やからだの不調を表してるかもしれません。

クマ・くすみの多くは、血行不良が原因と考えられています。血液やリンパの流れが滞ると、体中の組織や細胞が十分な酸素や栄養分を受け取ることができず、さまざまなところで不調をきたします。そして、肌では不調が「クマ・くすみ」といった形で表に出てくるわけです。

「ブルーライト」への対策方法

ホットタオルで、まずは「疲れ目」を癒してあげて

じんわり目をリラックスさせてくれる「ホットタオル」は、癒し効果だけではなく、目の周りの血行もよくしてくれます!レンジでチンすれば簡単にできちゃうので、毎日のリラックスタイムにぜひ取り入れてみて。

もし用意できるようであれば、熱いお湯をしぼったタオルなどで、目を温めてあげるのもおすすめです。

リラックスできるだけでなく、血行がよくなるので、くまを改善させることができますし、また、ドライアイにも効果があるといわれています。

目の疲れを解消する「ツボ」を刺激

目の周りには、からだの健康をつかさどるさまざまなツボがあるのだとか。特に、血流をよくするためには、心地よいくらいのチカラでゆっくりとツボを刺激しましょう。きっと目がスッキリするはずです。

目の周りには、ツボがたくさんあります。眉毛の内側、真ん中、外側、目と鼻の間のくぼみ、目の下。それから眉尻や目尻のあたりにも、いくつかのツボが存在します。

細かく覚える必要はありませんが、目の周辺を中指の指の腹で少し押すような感覚で触ってみて、気持ちいいと感じるスポットがあれば、そこを重点的にマッサージしていきましょう。目の周りの筋肉がほぐれ、血液の流れもよくなり、くまを未然に防ぐことができます。

「●●」が疲れ目の原因に…!?

食事で「クマ」を一気に撃退!

食事からも「クマ」を改善することができます。肌を元気にしたり、血行促進に効果が期待できる食材で、食べることからもアタックしてみましょう!

□ビタミンA…皮膚や粘膜を健康に保ちます。
→鶏レバー、豚レバー、うなぎ、あなご、しそ、にんじん、など
□ビタミンB2…高い抗酸化作用、皮膚や粘膜の成長を促進する。眼精疲労にも有効です。
→豚レバー、牛レバー、鶏レバー、うなぎ、ウズラの卵、かも、うに、すじこ、など

□ビタミンC …活性酸素を除去、メラニンの沈着を抑制します。
→赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、レモン、ケール、ピーマン、ゴーヤ、明太子、柿、など
□ビタミンE…抗酸化作用、血液をサラサラにし血行を促進します。
→あんこうのきも、いくら、あゆ、いわし、たらこ、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ、など

他にもある!「クマ退治」食材

キラキラしたスッキリ目に変身

「疲れてない?」なんていわれたくない!そんな方は、日頃から「クマ」を予防するケアを心がけておきましょう。顔全体の血行をよくして、血色のいい常に元気な笑顔の女性でいられるといいですね!

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「スキンケア大学」をチェック!

シェア Google+

関連記事

P R