ホーム 恋愛・暮らし > 「完璧な妻ほど夫から愛されない」その理不尽な理由は?

「完璧な妻ほど夫から愛されない」その理不尽な理由は?


?buritora−stock.adobe.com


あなたの持つ“良妻”とはどんなイメージでしょう。料理上手、家事が完璧、人あたりが良い…。いろいろなイメージがあると思います。

しかし、そんな“理想の妻”を目指して努力をしているのに、夫の心がどんどん離れていってしまう。「こんなにがんばっているのに夫から愛されている気がしない」と感じている人も少ないくないようです。

今回は、良妻に対する夫婦間のギャップ、そこから生じる問題についてお話しましょう。

■夫と妻でギャップあり? 夫婦間で異なる「良妻」イメージ

家事も育児もソツなくこなし、スキがない家庭人。これが、多くの女性の良妻イメージでしょう。何でもできる“ザ・良妻”が身近にいて、同性ながら憧れている人もいるかもしれませんね。

では、夫の抱く良妻イメージは、それと同じなのでしょうか? よく「男性の理想の女性像は自分の母親」なんてことをいいますよね。実はこれ、夫が求める良妻イメージにもつながるんです。多くの男性が、自分の母親を良妻のベースとしてイメージしていることが多いようです(反面教師として、母親と真逆のタイプを理想とする場合もあります)。

妻の目指す良妻と、夫が望む良妻には、大きな隔たりがあるのがおわかりでしょう。では、夫にとって「母のような妻」というのは、どんな女性なのでしょうか?

それは、「緊張しない場所を提供してくれる存在」。実は男性はプレッシャーのない、適度に自分をゆるめられる状態を常に求めているのです。。そして、それを持っているかどうかが愛情度に関係しているのです。

■妻目線の「良妻」を夫はどう感じている?

妻が思う良妻を、夫はどう見ているのでしょう。良妻は家のなかをいつもキレイに保ってくれたり、食事を用意してくれるありがたい存在です。仕事で忙しい自分にはできないことなので「すごい! ありがたい!」という尊敬の念や感謝の気持ちを持つ夫は多いでしょう。けれどその感謝が「優秀なハウスキーパー 兼 子どもの教育係」という思いに傾き、必ずしも女性に対する愛情に変化するとは限りません。

料理が上手、常に家のなかをキレイにしてくれるという部分では自分の母親、あるいはこうであってほしかった母親像と同じですよね。でも夫は妻に「スキのない完璧さ」を求めているわけではありません。

例えば、きれいに整理整頓された部屋にいると気をつかってしまうから、多少ちらかっているほうがくつろげると感じることはないでしょうか。人間関係も同じで、スキがない人と一緒にいると、人間は「自分も完璧でいなければ」というある種の緊張を感じます。

そのため、妻が完璧すぎると「ここはくつろげない」と夫はプレッシャーを感じ、“自分をゆるめられる居場所”を妻ではなくほかに求めてしまう傾向があるようです。

家のため、家族のために尽くしている妻から見れば「何を甘えてるんだ!」と思うかもしれませんが、男性はいくつになっても甘えたい、癒されたいという気持ちがあり、それを許してくれる相手に愛情を持つようです。

では、夫から感謝だけではなく愛情も得たいと願うなら、妻は一体どうしたら良いのでしょう?
 
 


■「愛してる」「ありがとう」夫から両方勝ち取るには?

?naka−stock.adobe.com


「完璧じゃなければ良い妻じゃない」「良い奥さんでいなければ愛されない」という気持ちで良妻を目指しているけれど、実はそれが辛い…

もし、そう感じたことがあるなら、これまでやってきたことを少しやめてみてはいかがでしょうか。妻が理想とする完璧な妻を夫は求めていません。男性が理想とするのは、ありのままの自分を受け入れてくれる適度なゆるみのある妻なのです。

そのためにはスキをつくることを意識してみましょう。「しんどいけど完璧にやらなきゃ」という妻の気持ちは、知らず知らずのうちに夫へプレッシャーを与えてしまうことがあります。自分が好きでしているならまったく問題ありませんが「とにかく良い妻でいなければ」という思いにかられているのであれば、意識してスキをつくる必要がありそうです。

なかには「これまで完璧にやってきたし、今さらスキをつくれといわれても…」という人もいるでしょう。最初は抵抗があるかもしれませんが、「〜しなければ」という気持ちを捨て、手を抜いて2人で楽になる時間を意識してつくりましょう。

夫は妻が担当している家事育児の大変さに気付いていないことが多いもの。もし、手抜きを夫に指摘されたら「ちょっと今日は疲れてて。ごめんね」と素直な気持ちで話してみましょう。言葉で伝えるだけでも「そうだったのか」と妻の気持ちを理解するキッカケとなり、そんな弱音をかわいく言う妻のスキに愛情を感じるのです。

良妻を目指さなければ夫から愛されないと怖がる必要はありません。男性はどこかで自分の弱さをさらけ出せる場所、人間関係のゆるみを求めています。それが家のなかにあれば、家族ひいては妻への愛情も自然と育っていくものではないでしょうか。
 
 
(佐藤栄子)

シェア Google+

関連記事

P R