ホーム グルメ > 最大112の味が楽しめる飲料販売機 コカ・コーラが展開

最大112の味が楽しめる飲料販売機 コカ・コーラが展開

 日本コカ・コーラは2日、最大112種類のドリンクを提供できる販売機『コカ・コーラ フリースタイル』を羽田空港内の飲食店に設置したと発表した。提供価格は税込250円。同機は濃縮されたドリンクの原液を飲料水や炭酸水で希釈する“ファウンテンディスペンサー”で、取り扱えるドリンクは約14種類。さらに、レモンやオレンジ、チェリー、ライムなどの“フレーバー”約10種類を好みで選べ、最大112種類の味を楽しむことができる。

 現在米国内では1500台が設置されている同機は、2009〜10年に米国市場でテスト導入を開始。好評だったことから日本での導入が決まった。イタリアの最高級スポーツカーなどを手がける工業デザイン会社が機体デザインを手掛けており、操作面にはタッチスクリーンを導入。同社の最先端技術を投入することで、取り扱えるドリンクの味を大幅に増やした。今後は飲食店や映画館などを中心に展開していく予定。

 購入の際は備え付けの紙コップや用意されたグラスを販売機にセットして氷レバーを押し、『コカ・コーラ』『アクエリアス』『ファンタ』などのベースドリンクを選択。その後、好みのフレーバーを選択して“自分の味”を作り出していく。フレーバーを必要としない場合の対応も可能。

 同社はこの“次世代ファウンテンディスペンサー”について「競争が激しく多様性を求める日本の飲料市場に向けた新施策」と位置付けており、「製品拡大やオペレーションの差別化を図っていく」としている。



関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ