ホーム グルメ > 甘酒にも“酒0.00%”商品登場 森永が発売

甘酒にも“酒0.00%”商品登場 森永が発売

森永製菓が発売するアルコール0.00%の『甘酒<アルコールフリー>』

[拡大写真]

森永製菓が発売するアルコール0.00%の『甘酒<アルコールフリー>』
 ビールやカクテルなどで“アルコール0.00%”が浸透する中、森永製菓は23日より『甘酒<アルコールフリー>』を北海道地区限定で発売する。これまで同社の「甘酒」シリーズには原材料に酒粕と米麹をブレンドしていたが、酒粕を使わないことでアルコールゼロを実現。同社は「甘酒のアルコール分への懸念を払拭し、飲用シーン、飲用者の拡大をし、甘酒市場の更なる活性化を図る」としている。

 甘酒の原料に使われる酒粕には微量なアルコールが含まれており、過去には酒粕を使った酒汁や漬物を食べた後に運転し検挙された事例もある。

 同社の甘酒商品はアルコール分1%以下のため清涼飲料に分類されているが、2007年の道交法改正で飲酒運転が厳罰化されて以来、甘酒の飲用回数が減少。ドライバーや子ども、妊婦も安心して飲めるよう、同商品を開発した。

 甘酒は現在正月冬に飲まれることが多いが、江戸時代にはその豊富な栄養分から“暑気払い”として夏に愛飲されており、俳句でも夏の季語になっている。同社では運転時や小腹がすいた時、寒い時などのほか、夏場の食欲減退時を想定し同商品を訴求していく。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R