ホーム グルメ > JAL、“究極のコーヒー”でLCCと差別化

JAL、“究極のコーヒー”でLCCと差別化

JALの新サービス『JAL CAFE LINES』で提供されるコーヒーを手にする客室乗務員

[拡大写真]

JALの新サービス『JAL CAFE LINES』で提供されるコーヒーを手にする客室乗務員
 日本航空(JAL)は24日、都内で新サービス「JAL CAFE LINES」の説明会を開催した。9月1日より品質の高い“選りすぐりのコーヒー”を国内線・国際線の全路線&クラスにて無料で提供する同サービス。プレミアム感のある“もてなし”で、格安航空(LCC)に対抗する。

 新サービス立ち上げにあたり、同社は“コーヒーハンター”として知られる川島良彰氏、焙煎・抽出の第一人者である石脇智広氏に協力を依頼。「最高の農園の、特級畑の完熟豆だけを使用した」というものや、市場に出回っていない希少性の高い豆、機内で飲むためだけに作られたスペシャルブレンドなどを用意。また、原材料のみならずコーヒー抽出・サービスのタイミングも見直し、さまざまな制約がある機内で“最高の1杯”を提供するための体制を整えた。

 利用者アンケートで「お金を払ってもおいしいものを飲みたい」という意見が多かったコーヒーだが、「正直に申し上げると、以前、JALが提供していたコーヒーに対するお客様からの否定的なコメントが多かったのも事実」と同社の田中誠二マーケティング本部商品・サービス開発部マネージャー。2009年9月、国内線JALファーストクラスで川島氏の「グランクリュカフェ」を導入した際は、1ヶ月間限定だったにもかかわらず、同クラスの利用者数が対前月比で2ケタ増を記録したこともあったという。

「新スタートをきった4月からは、言い訳を一切せず、とにかくお客様の満足度を満たすため、世界最高のサービスをすることが全社員の目標」(田中マネージャー)と、無料で提供するコーヒーにもコストをかけてプレミアム感を打ち出していく。

 機内での導入を前に、25日から東京・中央区の「WIRED CAFE NEWS日本橋三井タワー店」にて同サービスで提供するコーヒーを期間限定で販売。価格は税込450〜1200円。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R