ホーム グルメ > 子どもが嫌いな野菜、1位は「なす」

子どもが嫌いな野菜、1位は「なす」

カゴメが行った調査によると、子どもが一番苦手な野菜は「なす」だという

[拡大写真]

カゴメが行った調査によると、子どもが一番苦手な野菜は「なす」だという
 8月31日の「野菜の日」を前に、カゴメは29日、3歳〜中学生の子どもを持つ母親に聞いた『子どもの野菜の好き嫌いに関する調査報告書』を発表した。それによると、60.8%の子どもに“野菜の好き嫌い”があり、子どもが食べてくれない野菜の1位は【なす】(32.5%)2位は【ピーマン】と【しいたけ】で26.0%だった。また、母親の野菜の嗜好が子どもにも影響を与えていることが明らかになった。

 嫌いな野菜は上記のほか、【おくら】(5位・21.8%)、【ねぎ】(8位・18.6%)など、独特の苦みやにおい、食感があるものが多く、好きな野菜は1位【とうもろこし】(77.3%)、2位【じゃがいも】(71.8%)、3位【えだまめ】(70.6%)など、甘みの強い野菜が上位に入った。

 また、母親に自身の嗜好を聞いたところ「野菜の好き嫌いが子どもの頃からある」と答えた人は33.0%で、そのうち「自分の子どもも好き嫌いがある」と答えた人は73.1%という結果に。一方、母親に野菜の好き嫌いがない家庭で子どもも好き嫌いがないという割合は6割以上を占めた。

 同調査は3歳〜中学生の子どもを持つ女性800人を対象に、インターネットを使って実施している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R