ホーム エンタメ > 『妄撮』仕掛け人が語るグラビアの危機感とヒットの秘訣 〜中学生マインドは永遠

『妄撮』仕掛け人が語るグラビアの危機感とヒットの秘訣 〜中学生マインドは永遠

2011.12.10 07:00

 清楚な印象の受付嬢の“制服の下”を、のぞき見するようにビリビリと破いて見せる露出方法が話題となった『妄撮』。世の男性が求めるエロチシズムを見事刺激し続け、累計20万部を超えるヒットシリーズが誕生した背景には、仕掛け人ともいえるプロデューサー小林司氏の「グラビアという日本の素晴らしいジャンルそのものが弱体化している」という危機感があった。最新作『妄撮chocolate』の発売を控えた小林氏が語る、グラビア界の現状と今後、ヒットの理由とは。

 2008年秋に休刊になった男性誌『KING』(講談社)で連載され、今なお根強いファンを持つグ...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R