ホーム グルメ > 20年目で初 『チキンタツタ』に初の和風味

20年目で初 『チキンタツタ』に初の和風味

大根おろしがポイント。日本マクドナルドが16日より販売する『チキンタツタ和風おろし』

[拡大写真]

大根おろしがポイント。日本マクドナルドが16日より販売する『チキンタツタ和風おろし』
 日本マクドナルドは12日、人気のメニュー『チキンタツタ』と、初の和風味『チキンタツタ和風おろし』の2商品を16日より期間限定発売すると発表した。『チキンタツタ』のバリエーションメニューが発売されるのは20年目にして初となる。

 新発売の和風味は、『チキンタツタ』ならではの生姜しょう油風味のタツタパティ、キャベツの千切り辛味のあるソースに大根おろしを合わせたもの。大根おろしには柚子の風味を加えた“和風おろしソース”を使用しており、オリジナルメニューとはひと味違う、さっぱりとしたテイストに仕上げている。価格は『チキンタツタ』が単品300円〜320円、『チキンタツタ和風おろし』が同320円〜340円。

 『チキンタツタ』は1991年に初登場以来、根強い人気を誇る日本独自のメニュー。1992年から2004年までレギュラー販売され、販売終了となってからも復活を求める声が多いことから2009年より毎年、期間限定での発売を行っている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R