ホーム グルメ > どんな味!? 新感覚“ホット炭酸”を飲んでみた

どんな味!? 新感覚“ホット炭酸”を飲んでみた

コカ・コーラ史上初のホット炭酸『カナダドライ ホットジンジャーエール』

[拡大写真]

コカ・コーラ史上初のホット炭酸『カナダドライ ホットジンジャーエール』
 コカ・コーラとキリンから発売されることが発表され、今話題となっている“ホット炭酸”。「温かいのにシュワシュワ感は楽しめるの?」、「どんな味なの?」と気になる疑問がどんどん出てきたので、コカ・コーラ史上初のホット炭酸『カナダドライ ホットジンジャーエール』を、10月21日の全国発売に先駆けて飲んでみました。

 同商品は、約4年もの歳月をかけて開発されたという渾身の1品。寒い季節に飲みたくなる“ホット飲料”のニーズと、身体を温めてくれる生姜やスパイスが寒い時期に日本で親しまれていることなどから開発されました。また、温かいドリンクが自動販売機やコンビニエンスストアで手軽に飲める日本の特徴もマッチして、“ホット炭酸”という新しいカテゴリーの開発へと繋がったそう。

 気になる“味”はというと、温かいぶん甘さが際立つのかなと思いきや、さっぱりとした飲みやすさに驚きです。炭酸もしっかりと残っていて、のどごしは冷たい炭酸飲料と変わりません。ジンジャーエキスがピリリと効いているところが、さすがの『カナダドライ』。さらに、ふんわり香るアップルフレーバーとシナモンフレーバーが、身体も心もほっこりとさせてくれます。

 180mlで46kcalと炭酸飲料にしては低いのも、女性にとっては嬉いところ。炭酸の刺激でリフレッシュでき、なおかつ身体も温まるという新感覚の“ホット炭酸”。大人にオススメしたい、冬にぴったりな味わいでした。

【商品詳細】
『カナダドライ ホットジンジャーエール』
発売日:2013年10月21日
原材料名:砂糖、ジンジャーエキス、香料、酸味料、ビタミンC、カラメル色素、乳化剤
販売地域:全国


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R