ホーム グルメ > 世界初の「キットカット」スイーツ専門店がオープン

世界初の「キットカット」スイーツ専門店がオープン

世界初の『キットカット』スイーツ専門店「キットカット ショコラトリー」 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

世界初の『キットカット』スイーツ専門店「キットカット ショコラトリー」 (C)oricon ME inc.
 ネスレ日本は17日、世界初となるチョコレート菓子『ネスレ キットカット』のスイーツ専門店「キットカット ショコラトリー」を、東京・西武池袋本店にオープンした。2003年以来、同商品の開発に携わっているパティシエ・高木康政氏が全面監修し、新たなコミュニケーション型ショップとして展開。同店限定の『キットカット』を販売する。

 1935年にイギリスで誕生し、世界70カ国以上で発売されている同商品。日本では昨年40周年を迎えたこともあり、「新しい試みをスタートさせるため、従来のものに付加価値をつけたい」(同社)と百貨店への進出を決めた。これまでもさまざまなコラボレーション行ってきた高木氏を迎え、新しい魅力を引き出したいとしている。

 10年前から百貨店のスイーツ売場向けの特別な『キットカット』を作りたいと思っていたという高木氏もまた、念願の店舗オープンに喜びいっぱい。「今まで“モノづくり”をしていて、驚きと感動を商品にのせて届けたいと思ってやってきました。コンビニやスーパーとは違う『キットカット』、こんなに違うのかと驚いていただけるようなものを作りたいと思っていますので、ぜひ食べてみてください」と意気込みを語った。

 同店限定商品として、酸味がありカカオ66%配合の『キットカット サブリム ビター』(1本税込315円)、抹茶ペーストを練り込んだホワイトチョコと桜葉エキスパウダーが華やかな味わいの『キットカット ショコラトリー スペシャル サクラグリーンティ』(4枚入同420円)、焙煎された唐辛子を練り込んだ『キットカット ショコラトリー スペシャル チリ』(4枚入同420円)の3商品を展開。今後もショップ限定品や季節限定品などを販売していく。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R