ホーム 旅行・おでかけ > USJ「ハリポタ」、アトラクションなど詳細発表

USJ「ハリポタ」、アトラクションなど詳細発表

7月15日オープンの新エリア『The Wizarding World of Harry Potter』ホグワーツ城がお披露目 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

7月15日オープンの新エリア『The Wizarding World of Harry Potter』ホグワーツ城がお披露目 (C)oricon ME inc.
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは18日、7月15日にオープンする新エリア『The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディングワールドオブハリーポッター)』のアトラクションなど、詳細について発表した。東京ドームのグラウンド約3個分という広大な敷地内に、2つのライド・アトラクション、ショップ8店舗、レストラン2店舗を展開する。

 「Harry Potter and the Forbidden Journey(ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー)」は、ハリーたちと一緒にホグワーツ城などの上空を飛び回り、スリル満点の冒険を楽しむことができるライド・アトラクション。ユニバーサル・オーランド・リゾートで3度も世界最高アトラクションに輝くなど人気となっており、最新映像技術4Kによる鮮明な映像で、臨場感あふれる世界観を体感できる。

 「Flight of the Hippogriff(フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ)」は、魔法界の空を飛ぶ生き物“ヒッポグリフ”をテーマにしたコースタータイプのライド・アトラクション。ハグリッドの小屋や映画の1シーンを彷彿とさせるかぼちゃ畑の上空を旋回しながらボグズミード村を一望するなど、ホグワーツ城の景観とともに楽しめる。

 そのほかにも、Three Broomstiホグワーツ魔法魔術学校の生徒たちを乗せて走る蒸気機関車「Hogwarts Express(ホグワーツ特急)」、ハリーたちも大好きなホグズミード村にあるお菓子屋さん「Honeydukes(ハニーデュークス)」、ハリーも通った杖専門店「Ollivanders(オリバンダーの店)」、「バタービール」が飲める老舗パブ居酒屋「Three Broomsticks(三本の幕)」などを忠実に再現するなど、ファンにはたまらないコンテンツが盛りだくさん。映画で見た魔法の世界にどっぷりと入り込めるパークとなっている。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R