ホーム 旅行・おでかけ > USJ「ハリポタ」新エリア、ホグワーツ城内を一部公開

USJ「ハリポタ」新エリア、ホグワーツ城内を一部公開

「動く肖像画」の廊下を体験する、加藤兄弟と子どもたち

[拡大写真]

「動く肖像画」の廊下を体験する、加藤兄弟と子どもたち
 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)は8日、人気映画シリーズ『ハリー・ポッター』の世界を再現した新エリア『The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディングワールドオブハリーポッター)』の一部を公開。7月15日のグランドオープンに先がけ、人気子役の加藤清史郎と妹の智恵里、特別招待された60人の子どもたちが“魔法の世界”を体験した。

 当日は、ホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮をイメージしたTシャツとマフラーを着用して登場した子どもたちが、ホグワーツ城の前に集結。魔法界のふしぎなノンアルコール飲料「バタービール」を全員で試飲し、映画同様に泡を口ひげのようにつけて楽しんだ。加藤も「いままで味わったことのない不思議な味で、あまくてとってもおいしかった。口ヒゲもつけられてうれしい!」と喜んだ。

 ホグワーツ城内に案内されると、劇中に登場する「動く肖像画」の廊下を体験。突然動き出す肖像画を前に、子どもたちはワクワクとした表情で目を輝かせた。加藤も「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンもハリー・ポッターも大好きで、絶対来たいと思ってました」と興奮を抑えきれず、「人間界を飛び出して魔法界に入り、ハリー・ポッターになりきって、魔法学校や街並みを楽しみたい」と期待に胸を膨らませた。

 同エリアは、USJと“ハリポタ”シリーズを手掛けるワーナ・ブラザーズ、ユニバーサル・パークス&リゾーツが共同で制作。東京ドームのグラウンド約3個分という大きな敷地に、2つのライド・アトラクション、ショップ8店舗、レストラン2店舗を展開する。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R