ホーム エンタメ > 玉城ティナ、『ViVi』史上最年少でソロ表紙デビュー

玉城ティナ、『ViVi』史上最年少でソロ表紙デビュー

『ViVi』8月号(講談社)でソロ表紙デビューを果たした玉城ティナ

[拡大写真]

『ViVi』8月号(講談社)でソロ表紙デビューを果たした玉城ティナ
 人気モデルの玉城ティナ(16)が、23日発売の『ViVi』8月号(講談社)でソロ表紙デビューを果たした。2012年10月号で同誌に初めて登場した玉城は、そのかわいらしいルックスで「このかわいい子は誰?」と編集部に問い合わせが殺到するなど人気に。16歳のソロ表紙デビューは、モデルの長谷川潤と並んで同誌史上最年少タイ記録となる。

 読者からの熱いラブコールによって実現したという表紙抜てきに、玉城は「表紙って聞いた時は、うんうん。…え?って感じになりました」と驚きを隠せなかったという。「私でいいのかなってすごく不安だったけど、撮影の時も『普段のティナっぽい感じで』っていわれたりして、自分らしくでいいんだな〜ってリラックスして挑めました」と撮影を振り返った。

 8月号では、玉城のソロ表紙デビューを記念した特別企画も掲載。玉城本人のスペシャルシューティングのほか、きゃりーぱみゅぱみゅやAKB48・島崎遥香から玉城へのメッセージも紹介している。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R