ホーム エンタメ > 女優・鈴木砂羽が監督デビュー、短編ドラマで未婚女性の哀愁描く

女優・鈴木砂羽が監督デビュー、短編ドラマで未婚女性の哀愁描く

2014.10.15 06:00

 女優の鈴木砂羽(42)が、CS放送の女性向けチャンネル「LaLa TV」のオリジナルドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』で“監督デビュー”することが13日、わかった。本短編ドラマへの出演オファーがあった際に、自ら監督業への挑戦を打診したという鈴木。「最初はいろいろと不安で考えすぎていたこともあった」というが、撮影を振り返って「役者の立場ででも、私としてはとっても満足した良いお芝居と良い画が撮れたと思います」と、デビュー作への手応えを感じている。

 同作は、結婚できない・しない女性=“未婚のプロ”にスポットを...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R