ホーム エンタメ > 武井咲、脚に自信なかった「細くないし」 『美脚大賞』受賞に感謝

武井咲、脚に自信なかった「細くないし」 『美脚大賞』受賞に感謝

『第12回 クラリーノ美脚大賞2014』20代部門を受賞した武井咲 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『第12回 クラリーノ美脚大賞2014』20代部門を受賞した武井咲 (C)ORICON NewS inc.
 女優の武井咲(20)が5日、健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第12回 クラリーノ美脚大賞2014』の20代部門を受賞し、都内で行われた授賞式に出席。もともと脚にコンプレックスを持っていたという武井は「私には程遠い賞だと思っていたので、すごくうれしいです。賞をいただけたことで自信がつきます」と笑顔で受賞を喜んだ。

 自身の脚について「細くないですし、本当に好きじゃないです」とコンプレックスがあったことを明かした武井。「家族みんなスタイルがそっくりで、両親も受賞に『いいのかな』って言っていました」と謙遜しつつ、「毎日少しでも脚に触れてあげることが成果として出てくると思います」と微笑んだ。

 また、オーバーフォーティー部門を受賞した萬田久子(56)は「二足歩行できる喜びを噛みしめています。最初で最後かなと思って(賞を)受けさせていただきました」と自虐発言で笑わせ「本当に光栄です」と感謝していた。

 そのほか、ティーン部門にはモデルで女優の大野いと(19)、30代部門は吹石一恵(32)が受賞。同賞は、靴製造メーカーが集まり結成された『クラリーノパーカッシオクラブ』が2003年より毎年開催。これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、吉瀬美智子、栗山千明らが大賞を受賞している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R